Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 子どもの人口、41年連続減=1465万人で最少更新―総務省

子どもの人口、41年連続減=1465万人で最少更新―総務省

内訳は男子が751万人、女子が715万人。総人口に占める子どもの割合は11.7%で48年連続で低下した。(AFP)
内訳は男子が751万人、女子が715万人。総人口に占める子どもの割合は11.7%で48年連続で低下した。(AFP)
Short Url:
04 May 2022 07:05:00 GMT9
04 May 2022 07:05:00 GMT9

「こどもの日」に合わせて総務省が4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より25万人少ない1465万人で41年連続の減少となった。比較可能な1950年以降で過去最少を更新。少子化が進んでいることが改めて裏付けられた。

内訳は男子が751万人、女子が715万人。総人口に占める子どもの割合は11.7%で48年連続で低下した。

3歳ごとの年齢区分では12~14歳が323万人、9~11歳が313万人、6~8歳が301万人、3~5歳が278万人、0~2歳が251万人と年齢が低いほど子どもの数も少なくなっている。

推計時点は異なるが、国連人口統計年鑑(2020年版)などによると、子どもの割合は人口4000万人以上の35カ国の中で日本が最低。次いで韓国の11.9%、イタリアの12.9%の順だった。 

都道府県別の子どもの人口(21年10月1日現在)を見ると、全都道府県で前年を下回った。子どもの数が100万人を超えたのは東京、神奈川、大阪の3都府県だった。

人口に占める子どもの割合が最も高いのは沖縄の16.5%で、滋賀13.4%、佐賀13.3%が続いた。最も低いのは9.5%の秋田で、次いで青森10.4%、北海道10.5%だった。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top