Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 原発事故で甲状腺がんを発症 集団訴訟裁判始まる 

原発事故で甲状腺がんを発症 集団訴訟裁判始まる 

(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
(ANJ / Pierre Boutier)
Short Url:
27 May 2022 11:05:44 GMT9
27 May 2022 11:05:44 GMT9

アラブニュースジャパン

東京:木曜日、福島第一原発事故後に甲状腺がんを発症したとして男女6人が東京電力に賠償を求めている集団訴訟の第1回口頭弁論が東京地方裁判所で行われた。

原発事故後に甲状腺がんと診断されたと訴える20代の原告女性の口頭弁論には、福島県出身の人々を含む約100人が傍聴整理券を求めて集まった。

女性は2度手術を受け、肺への転移が発見された。彼女のがんは2011年3月の原発事故後、福島県に住む子どもたちの健康調査で明らかになった。 

録音された彼女の陳述が再生されると、多くの人々が涙した。女性は、医療費の補償を受けられるように裁判が早く決着することを願って、陳述を締めくくった。

弁護人の一人である河合弘之弁護士は、健康調査後に発見された甲状腺がん300件のうち、多くの患者が公になることで嫌がらせを受けたくないと考えていることから、告訴人は6人に留まったことを指摘した。 

この日行われた支援集会では、幼い頃にチェルノブイリ原発事故を経験したウクライナ人歌手のカテリーナさんが、母親と一緒にウクライナの伝統楽器であるバンドゥーラを演奏し、福島の被災者に同情を示した。

特に人気
オススメ

return to top