Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む

閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む

閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む (Screenshot/UN)
閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む (Screenshot/UN)
閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む (Screenshot/UN)
閣僚級会合、グローバルな食料安全保障に取り組む (Screenshot/UN)
Short Url:
26 Jun 2022 09:06:55 GMT9
26 Jun 2022 09:06:55 GMT9

アラブニュース・ジャパン

東京:今週、ドイツでG7首脳会合が開催されるのを前に、金曜日、ベルリンで、「グローバルな食料安全保障のための団結」閣僚会談が開催された。それには、政府、国際機関、地域機関、多国間開発銀行、非政府組織および慈善団体が集結し、グローバルな食料安全保障のために団結した。

 外務省によると、国連事務総長の「食料・エネルギー・金融に関するグローバル危機対応グループ」による報告書には、107か国、17億人がこの危機による影響を受け、財政の困窮、食料価格の急な急騰およびエネルギー価格における急騰によって最悪な事態にさらされることが記されている。

アフリカの角のような地域における深刻な干ばつと同様に、参加国は、特に、武力紛争、気候変動、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた地域に、ロシアによるウクライナ侵攻が、数百万の人々の食料安全保障と栄養状態を危険にさらしていることに懸念を示した。

参加国は、短期・中期的な支援は、農業および食料システムの長期的で持続可能な変革につながるよう計画されなければならないと同意した。アフリカ連合によるイニシャチブと同様に、「食料・エネルギー・金融に関する国連グローバル危機対応グループ」を通して、危機を克服する努力を調整する国連事務総長のリーダーシップを歓迎した。

参加国は、直ちにロシアにウクライナでの戦争を終わらせるよう求め、世界中の数百万人の命を危険にさらしているウクライナの港湾封鎖やウクライナの食料生産と輸出を阻害する

あらゆる活動を止めるよう求めた。

参加国は、ウクライナが農業生産、貯蔵、輸送および加工を維持できるよう支援を継続し、ウクライナとその周辺諸国が農産物用の追加の輸出ルートを迅速に構築できるよう支援することにコミットした。

 また会合は、持続可能な開発目標2(2030年までに飢餓ゼロを目指す)と同様、人々の適切な食料への権利の重要性も強調した。

 次の危機に備え影響を軽減するため、参加国は、情報共有や早期警戒の能力を強化し、農業および食料の持続可能な変革という目標に焦点を絞ることにコミットした。

特に人気
オススメ

return to top