Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「当初、宗教団体幹部狙い」=標的を安倍元首相に変更か―山上容疑者、殺人容疑で送検・奈良県警

「当初、宗教団体幹部狙い」=標的を安倍元首相に変更か―山上容疑者、殺人容疑で送検・奈良県警

奈良県警は、団体への不満が安倍氏に対する一方的な殺意につながり、標的を団体幹部から安倍氏に変えたとみて経緯を調べている。(AFP)
奈良県警は、団体への不満が安倍氏に対する一方的な殺意につながり、標的を団体幹部から安倍氏に変えたとみて経緯を調べている。(AFP)
Short Url:
10 Jul 2022 04:07:28 GMT9
10 Jul 2022 04:07:28 GMT9

自民党の安倍晋三元首相(67)が奈良市内で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職山上徹也容疑者(41)が「当初は宗教団体幹部を狙っていた」という趣旨の供述をしていることが10日、捜査関係者への取材で分かった。

奈良県警は、団体への不満が安倍氏に対する一方的な殺意につながり、標的を団体幹部から安倍氏に変えたとみて経緯を調べている。県警は同日、容疑を殺人に切り替え、山上容疑者を送検した。 

捜査関係者によると、山上容疑者は「母親が(宗教団体に)多額の寄付をして家庭がめちゃくちゃになった」という趣旨の話をし、「安倍元首相が宗教団体とつながりがあると思って犯行に及んだ」とも供述しているという。

防衛省関係者によると、山上容疑者が海上自衛隊に勤めていた2002~05年に、「親の宗教で悩んでいる」といった相談を同僚にしていたという。

事件は8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で発生。演説中だった安倍氏の背後から銃撃し、現行犯逮捕された。安倍氏は奈良県立医大病院に搬送されたが午後5時すぎ、左上腕部から入った1発が体内で動脈を損傷したことによる失血のため死亡した。

司法解剖では、首にも銃弾による傷が確認された。約20メートル先にあった選挙カーの看板にも複数の弾痕が見つかっており、県警は発射された銃弾の形跡について調べている。

犯行に使用された銃は長さ約40センチの手製で、銃身とみられる2本の筒をテープで束ねたような構造だった。発砲は2回だったが、一度に複数の弾を発射していた可能性があり、奈良市内の自宅からは特徴の似た銃のようなものが数丁押収された。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top