Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 岸田首相、米ニューヨークへ出発=「国連の機能強化発信」

岸田首相、米ニューヨークへ出発=「国連の機能強化発信」

日本の首相は総会のためニューヨークに向けて出発した。(AFP)
日本の首相は総会のためニューヨークに向けて出発した。(AFP)
Short Url:
20 Sep 2022 05:09:53 GMT9
20 Sep 2022 05:09:53 GMT9

岸田文雄首相は20日午前、米ニューヨークへ向けチャーター機で羽田空港を出発した。

国連総会に出席するためで、日本の首相が対面形式で参加するのは3年ぶり。

一般討論演説や各国首脳との会談を通じ、国連改革や核軍縮へ取り組み強化を呼び掛ける。

首相は当初、19日の出発を予定していたが、各地で被害が発生している台風14号に対応するため延期した。

出発に先立ち首相官邸で記者団に「国際秩序の根本が揺らぐ今、国連の機能強化など日本の考えを発信したい」と強調。

台風に関しては「松野博一官房長官を中心に自治体と連携して政府を挙げて対応を継続する」と語った。 

滞在中、英国、トルコ、フィリピン、イラン、パキスタンの各国首脳と会談する予定も明かした。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、首相は20日(日本時間21日)の一般討論演説で、法の支配に基づく国際秩序の重要性を強調する方針。

安全保障理事会の機能不全が指摘される現状を踏まえ、国連の機能強化も訴える。
訪米では、「核兵器のない世界」へ向けた働き掛けも行う。

21日には包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准国による初の首脳級会合を主催し、早期発効へ取り組みを強化することを確認。

核軍縮に向けた機運を高めたい考えだ。

23日に帰国する。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top