Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 安倍元首相殺害容疑で山上容疑者を起訴

安倍元首相殺害容疑で山上容疑者を起訴

山上容疑者は7月8日、手製の銃で安倍元首相を撃ったとして現行犯逮捕された。(AFP)
山上容疑者は7月8日、手製の銃で安倍元首相を撃ったとして現行犯逮捕された。(AFP)
Short Url:
13 Jan 2023 07:01:53 GMT9
13 Jan 2023 07:01:53 GMT9

東京:日本の検察は13日、安倍晋三元首相を殺害した容疑者の男を起訴したと、読売新聞が報じた。

奈良地方検察庁は、約半年間の精神鑑定を終え、山上徹也容疑者(42)を殺人罪と銃刀法違反で起訴したと、読売新聞が報じた。

世界に衝撃を与えたこの事件で、山上容疑者は7月8日、奈良市の西部で選挙演説をしていた安倍元首相を手製の銃で撃ったとして現行犯逮捕された。

山上容疑者は、旧統一教会が母親を説得して約1億円(774,700ドル)を寄付させ、家族を困窮させたことを恨んでいたと供述し、安倍元首相がこの宗教団体を宣伝したことを非難していると伝えられている。

旧統一教会は1954年に韓国で設立され、合同結婚式で有名であり、日本の信者を主要な収入源としている。

今回の殺害により、同団体と日本の与党である自民党の議員との深く長い関係を示す証拠が明るみに出た。

自民党は旧統一教会との組織的なつながりを否定しているが、多くの議員がこの宗教団体と関係していることは認めている。

岸田文雄首相の政権支持率は、旧統一教会と多くの自民党議員とのつながりが明らかになる中で、記録的な低水準に落ち込んだ。

首相は8月に旧統一教会と関係のある閣僚を交代させ、教会とのつながりをめぐる根強い騒動により、10月には経済再生担当大臣の辞任を余儀なくされた。

11月、日本は安倍元首相の暗殺を受けて、旧統一教会の法的地位を脅かす可能性のある調査を開始した。 

ロイター

特に人気
オススメ

return to top