Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • UAEの学校カリキュラムに関する日本の専門家の評価は高い

UAEの学校カリキュラムに関する日本の専門家の評価は高い

19 Mar 2020
一般財団法人国際開発センター主任研究員の津久井純博士、JICEのホンダ・アミ氏、大阪大谷大学教育学部主任講師の中島悠介博士。
一般財団法人国際開発センター主任研究員の津久井純博士、JICEのホンダ・アミ氏、大阪大谷大学教育学部主任講師の中島悠介博士。
 教員研修所
教員研修所
一般財団法人国際開発センターアブダビオフィスのジェネラルマネージャー、アオキ・シゲト
一般財団法人国際開発センターアブダビオフィスのジェネラルマネージャー、アオキ・シゲト
Short Url:
Updated 19 Mar 2020
19 Mar 2020

 アブダビ—- 今年になってから、ここ最近、日本の道徳教育の専門家が一般財団法人日本国際協力センター(JICE)のコーディネイトでUAEを訪問した。

UAEの学校がどのようにして道徳教育を既存の学校教育のカリキュラムに組み込んでいるかを検証するための実態調査の一環である。

この調査は、UAEと日本の両政府間の進行中の共同研究の一部で、寛容の精神を推進し、普遍的な原則と人間性によって共有される価値観の浸透を目的としている。

これは、国民の幸福、健康、社会福祉に根ざす持続可能な社会を構築するという、UAEの広い視野に則したものだ。専門家によれば、UAEは全体的に極めて高評価だった。特に称賛される点は、UAEの学校で道徳教育が効率的か効果的に組み込まれてることである。

一般財団法人国際開発センター主任研究員で客員調査員の津久井純博士は、特にアジュマーン教員研修所におけるカリキュラム研修のレベルの高さに感銘を受けた。

津久井氏は次のような意見を述べた。「これほどの短期間に迅速に研修体制を組織したことを目の当たりにするのは驚くべきことです。

それと同じくらいに感銘を受けたのは、研修所の教員たちが自分の授業内でどのようにして道徳教育を実施するかを話し合って、その体験やフィードバックを共有しているオンラインプラットフォームです。」

実態調査は、去年のUAEの教育省代表団訪問の後に続くものである。彼らは学校を訪問して道徳教育の授業を観察し、その分野に特化したいくつもの日本の主要な研究所の所長だけでなく、多くの道徳教育専門家にも会った。

両政府間の協力体制は、「包括的戦略パートナーシップ・イニシアチブ」を構成するものであり、これは、20184月にアブダビの皇太子兼連邦軍副最高司令官であるシェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンと日本の安倍晋三首相が共同で発表したものである。教育分野でのこの協力体制下の枠組みの中で道徳教育が目玉とされた。

フェロー調査員で大阪大谷大学教育学部主任講師の中島悠介博士は、次のような意見を述べた。「UAEと日本は、〈授業研究〉を取り入れるため、他の領域でも協力体制をさらに強化することができると私は信じています。授業研究は教授法の改善過程であり、日本の小学校教育に起因しています。」

JICEアブダビオフィスのアオキ・シゲトジェネラルマネージャーは次のように話した。「日本とUAEの両国は、とても崇高な道徳律を共有しています。ですから私たちは、そのような交流プログラムによって、両方の国が一緒に教育の質を向上させることができればよいと願っています。」

topics
Most Popular
Recommended

return to top