Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ロシア閣僚が国後島訪問=石碑に「国旗降ろさず」、ソ連兵追悼

ロシア閣僚が国後島訪問=石碑に「国旗降ろさず」、ソ連兵追悼

石碑には19世紀の皇帝ニコライ1世が語ったとされる「ロシア国旗を一度掲げた場所ではそれを降ろしてはならない」という言葉を刻んだプレートが取り付けられた。(AFP)
石碑には19世紀の皇帝ニコライ1世が語ったとされる「ロシア国旗を一度掲げた場所ではそれを降ろしてはならない」という言葉を刻んだプレートが取り付けられた。(AFP)
Short Url:
05 Aug 2020 09:08:20 GMT9
05 Aug 2020 09:08:20 GMT9

【モスクワ時事】ロシアのジニチェフ非常事態相は5日、実効支配する北方領土の国後島を訪れ、新たに設置した救難救助センターの開所式典に出席した。自国領と強調する石碑も公開し、領土問題で日本側に譲歩しない姿勢を示した。政権幹部が北方領土を訪れるのは、昨年8月のメドベージェフ首相(当時)の択捉島訪問以来。

石碑には19世紀の皇帝ニコライ1世が語ったとされる「ロシア国旗を一度掲げた場所ではそれを降ろしてはならない」という言葉を刻んだプレートが取り付けられた。

式典では1945年8月の日本のポツダム宣言受諾後に千島列島で日本軍と交戦し、戦死したソ連兵への黙とうもささげられた。ジニチェフ氏は「われわれは常に戦死者を追悼し、彼らの偉業を忘れない」と述べた。 

センターは自然災害などに対応するために設置され、気象状況や地震を観測できる最新設備が導入された。択捉島にも近く同様のセンターを開設するという。

プーチン政権は7月に「領土割譲禁止」を盛り込んだ改正憲法を発効させ、北方領土問題で譲らない姿勢を強めている。国後島には領土割譲禁止の条文を刻んだ記念碑も建てられている。

JIJI Press

特に人気
オススメ

return to top