Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 中東
  • 国連、イスラエルもハマスも武力紛争において子どもの権利を侵害していると来週宣言

国連、イスラエルもハマスも武力紛争において子どもの権利を侵害していると来週宣言

2024年6月5日、ガザ地区中部のデイル・アル・バラにあるアル・アクサ病院で行われた葬儀で、イスラエルの空爆で死亡したパレスチナ人の遺体の横に集まる弔問客。(REUTERS)
2024年6月5日、ガザ地区中部のデイル・アル・バラにあるアル・アクサ病院で行われた葬儀で、イスラエルの空爆で死亡したパレスチナ人の遺体の横に集まる弔問客。(REUTERS)
テルアビブでスクーターに乗り、パレスチナのイスラム主義組織ハマスによる10月7日の攻撃で誘拐された人質の写真を通り過ぎる男性。(REUTERS)
テルアビブでスクーターに乗り、パレスチナのイスラム主義組織ハマスによる10月7日の攻撃で誘拐された人質の写真を通り過ぎる男性。(REUTERS)
Short Url:
08 Jun 2024 08:06:49 GMT9
08 Jun 2024 08:06:49 GMT9
  • 今月、イスラエルが選ばれたことで、ガザでのイスラエルの戦争遂行に世界的なスポットライトが当たることになるだろう。
  • イスラエルを「恥ずべきリスト」に加えることは、正しい方向への重要な一歩だ: パレスチナ国連大使

国連: 国連事務総長は来週、安全保障理事会で、イスラエルとハマスが互いを排除しようとする戦いの中で、子どもたちの権利を侵害し、子どもたちを危険にさらしていると指摘する。

事務総長は毎年、子どもたちに脅威を与え、子どもたちを脅かしている国家や民兵の世界的なリストを作成している。リストに掲載されたのは、ミャンマーのカチン独立軍から、昨年はウクライナとの戦争中のロシアまで、多岐にわたる。

そして今回、イスラエルがそのリストに加わることになった。

アントニオ・グテーレス事務総長がリストを安全保障理事会に送り、理事会が行動を起こすかどうかを決定する。米国は拒否権を持つ5つの常任理事国のひとつであり、長年の同盟国であるイスラエルに対して行動を起こすことに消極的である。

もうひとつの常任理事国はロシアで、昨年、ウクライナで少年少女を殺害し、学校や病院を攻撃したロシア軍を国連がブラックリストに載せたときも、理事会は何も行動を起こさなかった。

今月イスラエルが常任理事国に加わったことで、イスラエルによるガザでの戦争遂行に世界的なスポットライトが当たることになり、すでに緊張が高まっているイスラエルと国連との関係がさらに緊張を増すことになりそうだ。

昨年の国連報告書の序文には、「子どもの殺害や傷害、レイプや子どもに対するその他の性的暴力、学校、病院、保護された人々への攻撃 」に関与した当事者が列挙されているとある。

ステファン・デュジャリック国連報道官が金曜日に記者団に語ったところによると、グテーレス国連事務総長は金曜日にイスラエルのギラド・エルダン国連大使に電話をかけ、来週理事会に提出される報告書にイスラエルが掲載されることを伝えたという。

過激派組織ハマスとパレスチナ・イスラム聖戦も掲載される予定だ。

イスラエルは憤慨し、エルダン氏がグテーレス事務局長を非難するビデオ(電話の向こう側にいたと思われる)を報道機関に送り、Xに投稿した。

「事務総長のこの恥ずべき決定は、ハマスに生き延びる希望を与え、戦争を拡大させ、苦しみを拡大させるだけだからだ。『恥を知れ!』」

パレスチナの国連大使は、「イスラエルを「『恥ずべきリスト』に加えたところで、数十年にわたってイスラエルに殺された何万人もの子どもたちが戻ってくるわけではない」と述べ、「しかし、正しい方向への重要な一歩である」とリヤド・マンスール氏は声明に記した。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、「国連は今日、自らを歴史のブラックリストに載せた」と述べた。この動きによって、イスラエルと国連との間に長年続いてきた確執が高まり、イスラエルと国連との日常的な取引でさえ緊張をはらむようになったからだ。

普段は平静を装っている事務総長報道官も、最新の展開について尋ねられると、正午のブリーフィングでは口調を崩した。

「この電話会談は、報告書の付属文書に新たに掲載された国々への礼儀であった。その録音の一部がツイッターで公開されたことは衝撃的であり、容認できない」

事務総長の決定を非難する声は、右派のネタニヤフ首相やエルダン大使から、人気のある中道派のベニー・ガンツ戦時内閣メンバーまで、イスラエルの分裂を深める指導者たちをまとめるように見えた。

ガンツ氏は、イスラエルの初代首相ダヴィド・ベン・グリオンの言葉を引用し、「ゴイム(非ユダヤ人)が何を言おうが問題ではない、重要なのはユダヤ人が何をするかだ」と述べた。

イスラエルは今月、ガザにおける民間人の犠牲と、8ヶ月に及ぶ戦争でそれを防ぐのに十分なことをしてきたかどうかという疑問について、国際的な激しい批判に直面している。ガザでは最近2回の空爆で数十人の市民が死亡した。

国連機関は水曜日、敵対行為が続けば、来月中旬までにガザの100万人以上のパレスチナ人が最高レベルの飢餓に見舞われる可能性があると警告した。

世界食糧計画と食糧農業機関は共同報告書の中で、8ヶ月に及ぶイスラエルとハマスの戦争で人道的アクセスが大幅に制限され、現地の食糧システムが崩壊したため、飢餓が悪化していると述べた。

イスラエルとハマスの戦争で殺害されたパレスチナ人女性と子どもの割合が激減しているようだ。AP通信がガザ保健省のデータを分析したところ、この傾向はイスラエルの戦場戦術の変化と一致し、保健省自身の公式発表とも矛盾することがわかった。

女性や子どもの死亡率は、21世紀で最も破壊的な紛争のひとつにおける民間人の犠牲を示す最良の指標であるため、この傾向は重要である。戦争が始まった10月には60%を超えていた。月には40%を下回った。

しかし、この変化は国連や多くのメディアには数カ月間気づかれず、ハマスに関連する保健省は記録を正す努力をしていない。

AP

特に人気
オススメ

return to top