Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 銀行危機の中、不安を抱えるレバノン人は不動産に目を向ける

銀行危機の中、不安を抱えるレバノン人は不動産に目を向ける

24 Jun 2020
ベイルートでレバノンの国旗を掲げる反政府デモ隊。(ロイター/提供)
ベイルートでレバノンの国旗を掲げる反政府デモ隊。(ロイター/提供)
Short Url:
Updated 24 Jun 2020
24 Jun 2020
  • 国民が貯蓄を守ろうとするにつれて、新たな投資家層が出現

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンの不動産セクターは、ドルの為替レートが公定価格の4倍の6,000リラに達するという経済危機にもかかわらず、過去3ヶ月間で活動が急増している。

不動産の専門家であり、ラムコ不動産取締役であるラジャ・マカレム氏は、過去3ヶ月間の販売額は20億ドル以上に上ると述べた。この不動産ラッシュは「レバノンの銀行が預金者に銀行小切手を与えることに同意する限り続くだろう」と、彼はアラブニュースに語った。

不動産セクターの衰退は、2012年に始まった経済危機の主要な兆候の一つだった。

危機は、補助金付き住宅ローンの終了とレバノンの不動産市場への外国人投資の減少の後にピークに達した。

レバノンは昨年後半に財政破綻の段階に入り、不動産セクターの指標では、新規建築許可の減少が目立っていることに加えて、不動産価格や販売数が悲惨な結果を記録していた。

不動産販売は最大70%減少し、アパートの価格は、特に大規模なものは平均で25%下落した。

昨年11月に押し通された個人の貯蓄に対する銀行の制限、そしてさらなる措置の噂を考慮して、多くのレバノン人が個人の貯蓄を保持するための手段として不動産を利用している。

不動産の専門家であるジャマル・シャマス氏は次のように述べている。「この3ヶ月間、預金者、特に多額の預金を持っている人たちは、ベイルートの中心部にあるソリデレやベイルートのウォーターフロントにあるアパートの購入を急いでいます。立地が良いので、これらのエリアは価値を保っているのです」

「今では不動産鑑定の認定専門家としてマンションの仕入れの電話が1日に20本かかってくるようになりました」と彼は付け加えた。

「銀行が『ドルベースの預金から小額のレバノンポンドを固定レートで引き出すことができる』と発表したときにこの現象は最高潮に達し、預金者は預金を守るために不動産に殺到しました」

「これらの預金者はレバノン人だけではありません。レバノンの銀行に口座を持っているシリア人、イラク人、湾岸諸国の国民もいます。レバノン人のほとんどはアフリカにいる駐在員やアラブ諸国で働く人々です」

ラジャ・マカレム氏は同意し、次のように付け加えた。「この現実は、価格の柔軟性を経験した空室のアパートへの大きな需要を生み出しました。買い手は不動産価格の下落を利用しようとしているし、売り手は、通常は不動産開発業者のことですが、銀行にローンを返済するために小さな損失を受け入れます」

「この3ヶ月間、多くの開発業者が何年も売れなかったマンションの在庫を売却しています」

「この不動産ラッシュで市場は再び活気づき、価格は6〜7ヶ月前に比べて20~30%上昇し、2010年の水準に戻っています」

ジャマル・シャマス氏は、ソリデレ地区には売却可能な物件は残っていないと言う。

topics
Most Popular
Recommended

return to top