Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トルコ西部でマグニチュード5.5の地震が発生

トルコ西部でマグニチュード5.5の地震が発生

26 Jun 2020
5月25日、アンカラのHidirliktepeから市内のカンカヤ地区にある近代的な高層ビルと歴史的なカヤバシ近隣を撮影した写真。(File/AFP通信)
5月25日、アンカラのHidirliktepeから市内のカンカヤ地区にある近代的な高層ビルと歴史的なカヤバシ近隣を撮影した写真。(File/AFP通信)
Short Url:
Updated 26 Jun 2020
26 Jun 2020
  • 地震はイランとの国境に近いトルコ東部のヴァン県で発生したマグニチュード4の地震に続いて起きた。

アンカラ:26日、マグニチュード推定5.5の地震がトルコ西部の町で発生し、人々は急いで建物の外に出た。これまで死者や損害に関する報告はない。

首相府防災危機管理庁の発表によると、地震の震源地はマニサ県サルハンリで、震源の深さは9km(5.6マイル)。

トルコのニュースチャンネル「ハベルチュルク」(Haberturk)によると、近隣のイズミル県、アイドゥン県、ムーラ県でも揺れを感じたという。

Besim Dutlulu市長は、住民たちは慌てて家の外に出たが、死者は報告されていないと述べた。

地震はマグニチュード5.4の別の地震の後に発生した。この地震はイランとの国境に近い東部のヴァン県で発生し、5人が軽傷、複数の家屋が損壊した。

トルコは2つの大きな断層が交差しており、地震は頻繁に発生する。1999年にはトルコ北西部で発生したマグニチュード7.4の地震によって1万7,000人以上が死亡した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top