Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ヒズボラのコメントをめぐり、レバノンの裁判官が米国大使への報道禁止を宣告

ヒズボラのコメントをめぐり、レバノンの裁判官が米国大使への報道禁止を宣告

28 Jun 2020
2020年6月11日、ベイルートでドロシー・シェイ米国大使と会談するレバノンのミシェル・アウン大統領(左)(ダラーティ・ノラ/AP /ファイル写真によるレバノン政府)
2020年6月11日、ベイルートでドロシー・シェイ米国大使と会談するレバノンのミシェル・アウン大統領(左)(ダラーティ・ノラ/AP /ファイル写真によるレバノン政府)
アメリカはヒズボラをテロ組織と考えているが、ヒズボラとその支持者たちは議会と内閣で多数を占めている。(ファイル/AFP通信)
アメリカはヒズボラをテロ組織と考えているが、ヒズボラとその支持者たちは議会と内閣で多数を占めている。(ファイル/AFP通信)
Short Url:
Updated 28 Jun 2020
28 Jun 2020

ナジア・フサリ

ベイルート:レバノンの裁判官が6月27日、メディアにドロシー・シェイ米国大使のヒズボラ支援者批判を報道することを禁止しようとした。

米国大使が最近のインタビューの中で、強力なヒズボラグループを治安妨害であり、社会平和への脅威であると酷評した後、ムハンマド・マジエ裁判官は6月27日にティルスで、あらゆるメディアにその大使のコメントを1年間公表することを禁じる命令を出した。

「対テロ制裁はヒズボラに適用されるばかりか、彼らに物質的な支援を行っている人々にも適用されます」と、シェイ米国大使は、サウジ国営のニュースチャンネル、アルハダスのインタビューで語っていた。

ハッサン・ディアブ首相の政府が、「ヒズボラから恩恵を受けていないテクノクラートたちの独立した政府なのかどうか、アメリカはまだ見極めようとしている、と同大使は語った。

アメリカは「改革を実施する具体的手段に関して、この政府に望んでいるものを、まだ見せてもらっていません。経済は何としても改革を必要としているのですが」と、シェイ米国大使は語った。

シェイ米国大使のコメントは派閥闘争を煽り立て、社会平和を脅かす、とマジエ裁判官は語った。自分がこの大使が話すのを禁じることはできないが、メディアに1年間大使のインタビューをさせないことはできる、と同裁判官は語った。

マジエ裁判官は週末の初日、土曜日、事態は急を要していると語り、この決断をした。同大使はヒズボラを「語る権利なし」とマジエ裁判官は語り、ヒズボラを「議会や内閣に代表者を送り、幅広い人気を得ているレバノンの1政党」であると評した。

シェイ米国大使のサウジ国営放送局へのコメントが、「レバノンの人々への侮辱」だと考えたある市民からの苦情を受けて、行動に出たとマジエ裁判官は語った。

反動はすぐに表れた。

民間のLBCテレビ局はその裁定に抗議すると述べ、報道の自由の侵害と見なした。ヒズボラを批判する人々は、政治色の強い裁定と見なした。

マナル・アブドゥル・サマド情報大臣はTwitter に、その裁判官はレバノンの国の問題への外交官の干渉に、対処しているのかもしれないと書き込んでいた。しかし、「メディアのニュース報道を妨げたり、報道の自由を侵害したりする権利は誰にもありません」と、同大臣は書いていた。

ある司法高官によると、その裁判官は越権行為をしたのであって、その命令に法的強制力はないという。

シェイ米国大使はこの裁判官の裁定を、「この国の大きな経済問題により、レバノン国民が食卓に食べ物を並べることに、不安を抱えるようになっています。この問題を解決することに集中したものというよりも、むしろ問題への注意を逸らすものだ」と述べた。

「これは注意を逸らすものだと思います。この国が直面している問題を解決しようとして、人々には自分の時間と注意を費やしてもらいたいです」と、シェイ米国大使は語り、レバノン政府は既にこの裁定を謝罪してきたと付け加えた。

「だから、いいえです。アメリカ大使館は発言を禁じられていません」

レバノンは深まる経済危機に捕らわれ、国際通貨基金との支援の話し合いは、政治的内紛によって困難になっている。

シェイ米国大使は、レバノンが一連の政府の汚職が何年も続いたことでぐらついていると語り、ヒズボラが自らの目的のために政府の資金を流用し、必要な経済改革を妨害していると非難した。

ヒズボラはイランが支援するシーア派集団であり、その支持者たちは議会で支配的であり、現在の政府を支持している。アメリカ政府によってテロ組織に指定されており、アメリカはヒズボラへの制裁を拡大し続けている。

しかし、アメリカ政府はレバノン軍にとって最大の援助国であり、レバノン軍は外交のバランスを保つ活動に役立っている。

シェイ米国大使にインタビューしたメディアは、「意図があろうと、なかろうと、このインタビューで侮辱されたと感じる人々の権利をあからさまに侵害することに寄与するでしょう」と、マジエ裁判官は書いていた。

マジエ裁判官は違反者が1年間の業務差し止めで罰せられることになると語り、情報省にこの命令が実現されるように要請した。

このような苦情は、自分の省と報道機関によって扱われるべきだ、とアブドゥル・サマド情報大臣は語った。

(AFP通信と共に)

topics
Most Popular
Recommended

return to top