Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リビアの武器をめぐるフランス・トルコ間の対立により、北大西洋条約機構(NATO)の限界が露呈

リビアの武器をめぐるフランス・トルコ間の対立により、北大西洋条約機構(NATO)の限界が露呈

06 Jul 2020
グアムのハガトナ近郊のグアム海軍基地に停船中のフランスのステルスフリゲート艦「クールベ」。リビアをめぐる軍事同盟内の緊張が高まる中、フランスはリビア沖でのNATO海軍作戦への参加を停止している。(AP)
グアムのハガトナ近郊のグアム海軍基地に停船中のフランスのステルスフリゲート艦「クールベ」。リビアをめぐる軍事同盟内の緊張が高まる中、フランスはリビア沖でのNATO海軍作戦への参加を停止している。(AP)
Short Url:
Updated 06 Jul 2020
06 Jul 2020
  • NATO本部は、報告書は「機密事項」であるとして詳細を明らかにせず、調査結果が公表される可能性は低い
  • トランプは、防衛予算に十分な支出をしていないとしてヨーロッパの同盟国とカナダを公に非難した

ブリュッセル:地中海での海軍同士のにらみ合いをめぐりフランス・トルコ間につのる対立は、NATOが加盟国間の秩序維持に苦労する姿を浮き彫りにし、合意によってのみ行動が可能というこの軍事同盟の弱点を露呈した。

この紛争はまた、同盟国同士が紛争の両側で―今回はリビアにおいて―対立し合う場合、もしくはそう見なされる場合におけるNATOの限界を露にした。今回のように、特にフランスのような主要核保有国が米国のリーダーシップの欠如による世界最大の安全保障組織の「脳死」を嘆いた今回のようなケースでは、なおさら明らかだ。

6月10日の地中海での事件に関するフランスの記録によると、フランスのフリゲート艦「クールベ」は、タンザニアの旗を掲げた貨物船を護衛していたトルコの軍艦に近づいた際に標的レーダーを照射されたという。

フランスは、民間船がリビアへの武器密売に関与している可能性があるというNATOからの情報に基づいて行動していると述べた。

「クールベ」は地中海の海上安全保障に寄与するNATOの作戦「シー・ガーディアン」に参加していた。

水曜にフランスの上院議員に向けて行われたパワーポイントのプレゼンテーションで、トルコのイスマイル・ハッキ・ムーサ駐パリ大使は「クールベ」がレーダー「照射を受けた」ことを否定し、フランス海軍がトルコの艦隊に嫌がらせをしたと非難した。フランス当局者たちはこのプレゼンテーションに怒りをあらわにした。

大使はまた、事件に対するNATOの調査は「結論が出ない」ものであること、およびフランスが「シー・ガーディアン」から撤退したことを示唆した。フランス国防省はこの出来事に関する自国の解釈を急ぎ発表し、他の同盟国がリビアに対する武器禁輸措置に再度コミットするまで作戦に参加しないことを強調した。

NATO本部は、報告書が「機密事項」であるとして詳細を明らかにせず、調査結果が公表される可能性は低い。フランスの外交官は、何が起きたかに関して非常に異なる2論を与えられたことを考慮すると、NATOの捜査部はおそらくできる限りの最善を尽くしたと考えると述べた。

木曜日、トルコのメブリュト・カヴソグル外相は、フランスが嘘をついていると非難した。

「我々は報告書や文書でこれを証明し、NATOに提供した。NATOが見たものが真実だ」とカヴソグルは言った。「現時点でフランスに望むことは、正しい情報を提供しなかったことについて、『もし』も『しかし』もなく、明確な方法で謝罪することだ」

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は月曜日、トルコがリビアでの軍事的プレゼンスを強化しシリアから戦闘機を呼び込んだことで約束を無視したと非難した。

「NATOの一員であると主張する国にとっての歴史的かつ刑事的責任だと考える」とマクロンは言った。

「トルコがNATOのメンバーであることを考えれば、トルコにはロシアより多くを期待する権利がある」

トルコがNATOで議論の中心になるのはこれが初めてではない。トルコによる昨年のシリア北部侵攻は同盟国を怒らせ、またNATOが同盟国による防衛システムを損なうと言うロシア製ミサイルを購入したことで、トルコはF-35ステルス戦闘機作戦から追い出された。

トルコの方向性、およびNATOの歴史的ライバルであるロシアとの緊密な関係に対する懸念にもかかわらず、トルコを軍事組織から追放することはできない。法的なメカニズムがなく、決定には全30カ国による満場一致の同意が必要だ。いずれにせよNATOは、トルコは失うには戦略的に重要すぎると主張している。

通常時であれば、同盟国の中で最も強力で影響力を持つ米国が加盟国を一致に導くことが期待できる。しかし、米国でドナルド・トランプ大統領が主導権を握っていたこの4年間は、NATOにとって異常な時期だった。

トランプは、防衛予算に十分な支出をしていないとして、ヨーロッパの同盟国とカナダを公に非難している。大統領はイラン核合意、中距離核戦力全廃条約、領空開放(オープンスカイズ)条約から撤退した。

トルコがシリアに侵攻した直後、トランプは米軍を引き揚げると発表し、同盟国を驚かせるとともに怒らせた。ここ数週間、トランプは再び協議なく米軍をドイツから撤収させると脅している。

フランスとトルコの争いの中心にあるのは、NATO同盟国が国連によるリビアへの武器禁輸措置を尊重すべきかどうかという問題である。NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は先月、同盟は「もちろん、国連の決定事項の遂行を支持し、これには国連の武器禁輸措置も含まれる」と述べた。

しかし、ガッサン・サラメ元国連リビア特使は火曜日のインタビューで、各国がリビアへの武器禁輸を再び支持した1月のベルリン会議の直後に、安保理メンバー国すらがそこに「船、飛行機、および傭兵」を送り込んでいることを示す武器輸送の写真を見たと述べた。

米国の堅固な指導力の欠如、リビアの扱いに関する同盟国間の分断、そして全員の同意を要する意思決定プロセス(何について話すべきかについてさえ)により、NATOがいつ禁輸問題を本気で議論するのかは、見えてこない。

AP

topics
Most Popular
Recommended

return to top