Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ベイルートの大規模爆発:「この世の終わりのようだった」

ベイルートの大規模爆発:「この世の終わりのようだった」

レバノンの首都を揺るがした2つの大爆発で煙が空に吹き上がり、数マイル先の建物を損傷させた後、消防隊員とショックを受けた見物人が瓦礫の下に閉じ込められた人々を捜索する(AFP)
レバノンの首都を揺るがした2つの大爆発で煙が空に吹き上がり、数マイル先の建物を損傷させた後、消防隊員とショックを受けた見物人が瓦礫の下に閉じ込められた人々を捜索する(AFP)
レバノンの首都を揺るがした2つの大爆発で煙が空に吹き上がり、数マイル先の建物を損傷させた後、消防隊員とショックを受けた見物人が瓦礫の下に閉じ込められた人々を捜索する(AFP)
レバノンの首都を揺るがした2つの大爆発で煙が空に吹き上がり、数マイル先の建物を損傷させた後、消防隊員とショックを受けた見物人が瓦礫の下に閉じ込められた人々を捜索する(AFP)
2回の爆発後、レバノン軍兵士が負傷者を安全な場所に運ぶ。 ベイルートの知事は涙を流しながら、首都を「荒廃した街」と表現した(AFP)
2回の爆発後、レバノン軍兵士が負傷者を安全な場所に運ぶ。 ベイルートの知事は涙を流しながら、首都を「荒廃した街」と表現した(AFP)
Short Url:
05 Aug 2020 04:08:30 GMT9
05 Aug 2020 04:08:30 GMT9

アラブニュース

  • 70人以上の死者と数千人の負傷者を出した2回の大規模爆発がレバノンの悲しみに拍車をかけている。

ベイルート:レバノンの首相は、2回の爆発でベイルートが破壊され、国がさらなる危機に陥ったことを受け、国際的な援助を求めて必死で訴えかけた。

2回の大規模な爆発により、少なくとも73人が死亡し、3700人以上が負傷し、首都全域の建物が破壊され、被害を受けた。

爆発の原因は依然として不明だが、レバノンの指導者ハッサン・ディアブは、責任を負うものを処罰すると誓った。

「今日起こったことは説明責任なしに看過されることはありません」と テレビの演説で彼は述べた。「この大惨事の責任を負うものは、その代償を払うことになるでしょう」

同国はすでに経済危機に陥り、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とも闘っており、ディアブは国際的な支援を訴えた。

「私はレバノンを愛する友人や兄弟であるすべての国に、レバノンの側に立ち、深い傷を癒やすのを手伝ってくれるよう、緊急の要請を行っています」と彼は述べた。

爆発は午後6時過ぎに同市の港の倉庫で発生した。

レバノンのアッバス・イブラヒム内務長官によると、爆発は港の一角にある爆発性の高い材料を貯蔵する倉庫で発生したという。また、これらの材料は没収され、何年にもわたって保管されていたものであったという。

ディアブは、「危険な倉庫」は2014年からそこにあったと述べた。

紛争の歴史を持つ街でも、爆発の規模は前例のないものだった。爆発は非常に強く、キプロスから200キロ離れた場所でも感じられた。

映像には、最初の爆破と火災に続き、大規模な爆発と衝撃波が街の建物に広がる様子が映っていた。人々は、レストランやバルコニーで叫び声を上げ、逃げ場を求めた。多くの人は、地震が発生したと思っていた。

「核爆発のようでした」と、ジェマイゼ地区に住む43歳の学校教師、ワリド・アブドはAP通信に語った。

救急隊が現場に駆けつけ、血まみれの住民が街の通りに殺到した。負傷者の治療のために全国の救急車が首都に向かった。

街全体の建物が被害を受け、窓が吹き飛ばされたり、天井が倒壊したりした。

夕暮れまでに市内の病院は負傷者で溢れ、多くの負傷者は外の舗道で医師に治療を受けた。

ハッサン・ハマド保健大臣は、病院はかろうじて対応していると述べ、アラブ諸国やレバノンの友好国から援助の申し出が殺到していると述べた。レバノン赤十字の関係者ジョルジュ・ケタネによると、首都の施設が満床のため、負傷者は首都以外の病院に搬送されているという。

爆発の原因についての憶測が広がる中、レバノンと何度も戦争を戦ってきたイスラエルの関係者は、爆発とは無関係だと述べた。

爆発は、地域に衝撃を与えた2005年の爆弾事件で、ラフィク・ハリリ前首相とその他21人を殺害した罪で告発された4人の男らに国連の法廷が判決を言い渡す数日前に起きた。容疑者はイランが支援する武装組織ヒズボラのメンバーであり、事件以降、レバノン政府や地域の紛争への関与を強めてきた。

ラフィクの息子で元首相でもあるサードは、爆発はベイルートを 「悲しみに暮れさせた」と語る。

「誰もが国を救い、国民と連帯するよう呼びかけられています。損失の大きさは言葉では言い表せないほどです」

ディアブ首相は水曜日に喪の日を宣言し、ミシェル・オウン大統領はベイルートを被災都市と宣言した最高防衛評議会の緊急会議を招集した。

レバノン全土の人々、そして同国で大量発生している避難生活者は、母国に降りかかった今回の悲劇にショックを受けている。多くの人が親戚や友人に連絡を取ろうと必死になっている。

レバノンのミュージシャン、ジャド・チュエイリは、アフラフィエの自宅近くの光景を「この世の終わりのようでした」と表現する。

彼は居間の窓がリビングルームに吹き飛ばされた画像を投稿した。「私は死んでいたかもしれません。通りは血だらけです」

レバノン人ジャーナリストのリマ・マクタビは、涙ながらに自宅の被害状況を説明した。「私の家はなくなってしまったと思います」と、自身が勤務する放送局、アル・アラビヤに語った。

パティシエのラジャ・ファラーは、爆風からわずか半キロのところにいたと語る。

「この爆発の規模を説明するのは不可能です。私は数年前のハリリの爆発で同じくらいの距離にいましたが、今回は100倍の威力でした」

街中では、ショックを受けた労働者や経営者が通りに押し寄せた。

デイリースター新聞の事務所内の映像は、床に散らばったコンピューターや天井が崩壊した壊滅的な光景を映し出していた。

市内で最も有名なホテルであるフォーシーズンズとインターコンチネンタル・フェニキア・ベイルートの通路には、割れたガラスが散乱していた。

爆風の現場では、消防隊員が夜まで炎と格闘した。港の船は燃え続け、ヘリコプターが潰れた建物に放水した。

ベイルートのマルワン・アブード知事は涙ながらに現地を視察し、「ベイルートは壊滅的な被害を受けています」と語った。

悲劇の規模が明らかになり、アラブ諸国をはじめとする外国政府が支援を申し出ている。

サウジアラビアは、大きな関心を持ってこの悲劇を注視していると述べ、レバノンの人々への支援と連帯を確認した。アラブ首長国連邦(UAE)のシェイク・モハメド・ビン・ザイード皇太子はこう語った。「私達は神が忍耐と慰めをレバノンの人々に与えることを祈ります。レバノンとその人々に神の祝福がありますように」

バーレーン、クウェート、エジプト、ヨルダンからも同様の支援の申し出があった。厳密にはまだレバノンと戦争状態にあるイスラエルも、医療と人道支援を申し出た。

米国務省は、「可能な限りの支援を提供する準備ができています」と述べた。フランスのエマニュエル・マクロン大統領はアウンに電話をかけ、フランスの支援がレバノンに送られたことを伝えた。

特に人気
オススメ

return to top