Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエル、UAEとの国交を正常化する米国での調印式に期待

イスラエル、UAEとの国交を正常化する米国での調印式に期待

UAEは土曜日、イスラエルに対する経済ボイコットを破棄し、両国間の貿易・金融協定を認めると発表した。(AFP通信)
UAEは土曜日、イスラエルに対する経済ボイコットを破棄し、両国間の貿易・金融協定を認めると発表した。(AFP通信)
Short Url:
30 Aug 2020 10:08:02 GMT9
30 Aug 2020 10:08:02 GMT9
  • UAEとイスラエル、防衛、医療、農業、観光、技術分野で協力を検討

エルサレム:イスラエルは9月中旬までにUAE(アラブ首長国連邦)との国交正常化協定の調印式をワシントンで開催したいと考えていると、日曜日、ベンヤミン・ネタニヤフ政権の閣僚が語った。

このような出来事の日付は、ネタニヤフ首相とドナルド・トランプ米大統領の上級補佐官が月曜日にアブダビに飛び、これらの補佐官による会談によって決定される可能性があると、イスラエルの地域協力担当大臣、オフィル・アクニス(Ofir Akunis)氏が公共放送のカンザス放送に語った。

トランプ大統領の上級顧問であるジャレッド・クシュナー氏をはじめとする米国の代表団は、 UAE代表団との協議の準備をするため、日曜日にはイスラエルに着く予定となっている。

アクニス氏は「この(国交正常化の)合意は、9月にワシントンで署名されることを期待されています」とし、「調印式の日付の決定は、この24時間以内にUAEで行われる協議の成果の1つになるはずです」と続けた。

アクニス氏は、ネタニヤフ政府は調印式がローシュ・ハッシャーナー(9月18日のユダヤ教の新年)より前に行われることを期待していると付け加えた。

イスラエルとUAEは8月13日、トランプ大統領が仲介した協定で国交を正常化すると発表した。この合意は、パレスチナ問題からイランとの関係に至るまで、中東の秩序を再構築するものだ。

ペルシャ湾の大国UAEは土曜日、イスラエルに対する経済ボイコットを破棄し、両国間の貿易・金融協定を認めると発表した。

両国の関係者は、防衛、医療、農業、観光、技術の分野での協力を検討していると述べている。

「われわれは、初期段階で5億ドル規模の商業取引について協議しており、取引規模は常に増加し続けるでしょう」とアクニス氏は言う。

このような二国間の取引は、「三国間の投資、言い換えれば、この地域の他の国との追加プロジェクト」を生み出すだろうとアクニス氏は述べた。同氏は具体的な国の名前を挙げなかった。

米国とイスラエルの代表団は、エル・アル航空の航空機に同乗してアブダビに渡航する予定。同便はテルアビブとUAEの首都を結ぶイスラエル初の直行便。

エル・アル航空は、代表団が乗るボーイング737-900型機の写真を公開した。コックピットの窓の上の外装には、この日のために英語、ヘブライ語、アラビア語で「平和」の文字が刻まれている。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top