Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ヒズボラ支持者は「弾丸か投票を選ぶ」必要がある:レバノン

ヒズボラ支持者は「弾丸か投票を選ぶ」必要がある:レバノン

デービッド・シェンカー国務次官補(中東問題担当)(ファイル/AFP)
デービッド・シェンカー国務次官補(中東問題担当)(ファイル/AFP)
Short Url:
09 Sep 2020 06:09:02 GMT9
09 Sep 2020 06:09:02 GMT9
  • 米国政府高官の警告は、ワシントンがレバノン政府の元閣僚2人をブラックリストに載せた直後に出された
  • デービッド・シェンカー国務次官補(中東問題担当)は湾岸諸国間の亀裂修復を求めた

エフレム・コサファイ

ニューヨーク:米国政府高官は8日、レバノンのヒズボラ支持者は、テロ組織を支援する責任を問われると語った。

デービッド・シェンカー国務次官補(中東問題担当)からの警告は、米財務省がレバノンのハリル元財務相とフィニアノス元公共事業・運輸相に対し制裁を科すと発表した直後に出たものだ。

2人は、米国がテロ組織と指定し、イランが支援するヒズボラに対し物質的支援を提供し、政治的および経済的恩恵を与えたとして非難されている。

シェンカー氏は、クウェート、カタール、レバノンの中東歴訪を終えた後に、「ヒズボラの支持者は、テロリストによる不法行為を可能にしている責任を問われることを知るべきだ」と語った。

同氏は2日間のレバノン滞在中に、同国の政治家と公式には会談しておらず、野党関係者らと話し合った。これは同国の政治体制に対するワシントンの立場を示すものだ。

今回の訪問は、多数の死傷者が出たベイルート港での大規模爆発事故から約1か月後の時期にあたる。当時は、国民は長期にわたる政治的危機、経済破綻、コロナウイルスのパンデミックから立ち直りつつあるときだった。

シェンカー氏は、200人以上が亡くなった8月4日の大惨事からレバノン国民が立ち直るのを支援する米国の姿勢をあらためて表明した。

また、米国は「経済および制度の改革、透明性、責任の原則、そしてレバノンの大きな将来性を阻害している根強い汚職の終焉を求める正当な呼びかけ」を支持すると付け加えた。

こうした問題に起因する社会・経済情勢の悪化に抗議するために、レバノンの何十万人もの人々が参加して行われた反政府デモから来月で1年になる。

シェンカー氏は、「レバノンの人々は、意味のある変化、そして政府と政治指導者たちが、改革と腐敗の終結に向けた新たな方向性を示し、現在の危機を脱することを望んでいることを明らかにした」と語った。

米国は、レバノン国民の「経済的機会、責任原則および透明性への願望」を妨げるヒズボラ、その支持者および「他の邪悪な関係者」への圧力を継続すると同氏は明言した。

「レバノンに新たな政治の時がきた」とシェンカー氏は付け加えた。

同氏はまた、ヒズボラに関する米国とフランスの見解の相違を強調した。フランスは政党と軍事組織を別個の組織とみているという。

フランスのマクロン大統領は、先週ベイルートを訪問した際に、多くのレバノンの政治指導者と会見したが、その中にはヒズボラの国会議員であるモハマド・ラアド氏も含まれていた。

シェンカー氏は、「民主主義国では、弾丸か投票のどちらかを選ばなければならない。両方を持つことはできない。政党には民兵はいない」と語った。

もっとも、政治的、経済的改革がレバノンへの国際的な金融支援を行うための前提条件になることに関しては、米国とフランスは同じ立場にあるという。

シェンカー氏はまた、より広い地域の枠組みにおける湾岸諸国間の亀裂を修復したいというワシントンの願望を改めて表明した。湾岸諸国間の統一は、「地域におけるイランの悪影響」に対抗する取り組みにおける重要な前進であると同氏は語った。

2017年6月、サウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトは、イランへの過度な接近やテロ組織への支援を理由に、カタールとの国交断絶を表明した。

「紛争は私たちの敵対者の利益になるだけで、私たちの相互利益を害する」とシェンカー氏は付け加えた。

同氏はまた、先月、国連安全保障理事会にイランに対する武器禁輸措置の延長を求めた際に、湾岸協力理事会(GCC)の加盟国であるサウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、オマーン、カタールの6か国が示した統一戦線を、「より大きな平和と安全を推進するために必要な総合力」を示した強力なステップだと強調した。

同氏はGCC内に「長期にわたる根深い不一致」があることを認めたが、紛争の解決を支援する米国の取り組みを継続するとして、「最終的には解決策に到達することを期待している」と述べた。

シェンカー氏はまた、最近のアブラハム合意、イスラエル・UAE間の関係正常化合意は、湾岸諸国との議論に大きな影響を与えたと述べた。同氏は、他の国々がUAEの例に倣い、イスラエルとの関係を正常化する努力をすることを望んでいると付け加えた。

「(UAEとイスラエルの)合意は、地域の平和に向けた前進の基礎を築き、地域を真に変革への道に導くものだ」と彼は付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top