Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメン首相、リヤド合意履行プロセスで「大きな進展」と発言

イエメン首相、リヤド合意履行プロセスで「大きな進展」と発言

イエメン、マリブ地域の人民抵抗委員会(PRC)の部族。(AFP通信)
イエメン、マリブ地域の人民抵抗委員会(PRC)の部族。(AFP通信)
Short Url:
16 Sep 2020 07:09:21 GMT9
16 Sep 2020 07:09:21 GMT9
  • リヤド合意は、国際的に認められたイエメン政府と南部の分離独立派の間で11月に署名された。同合意は内紛を終わらせることを目的としている。

Saeed Al-Batati 

ムッカラー:イエメンの首相は、国内の当事者はリヤド合意の完全履行、新政府の樹立、南部地方での敵対行為の終結に向けて大きな進展を達成したと述べたと、国営サバ通信が報じた。

マイーン・アブドゥルマリク・サイード首相は、南部地方の親政府抵抗勢力のグループに対し、合意の下での新政府樹立に関する協議は、サウジアラビアからの大きな支援を受けて進展した段階に達したと語った。

リヤド合意は、国際的に認められたイエメン政府と南部の分離独立派の間で11月に署名された。同合意は内紛を終わらせることを目的としている。

サイード首相は、協議に「熱心に」参加した政治勢力を称賛し、合意の履行はフーシ派との戦いでイエメン人を団結させるだろうと述べた。

新政府の優先事項には、人々の苦しみの緩和、経済の修復、解放された地域の平和と治安の回復、そしてフーシ派の軍事クーデターの終結が含まれると、サイード首相は会議で述べた。

政府と南部暫定評議会(STC)の間で合意された権力分担合意の下で、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディ大統領は、軍の部隊が紛争地域から撤退する中、新しい首相とアデン県の知事および治安担当責任者を任命することになった。

7月、ハーディ大統領は新政府の樹立をサイード氏に命じ、アデン県知事にアフマド・ハミード・ラムリス氏を任命した。

サウジアラビアの将校が率いる軍事委員会が南部アビヤン県の停戦を監視し、軍の再配備を支援している。

5月に政府軍が、STCをアデン県や他の南部地方から追放するためにアビヤン県で攻撃を開始して以来、数十人が死亡している。

戦場では、軍と連合部族が火曜日、北部ジャウフ県の県都ハザム東側の広大な領域を掌握したと主張した。フーシ派から同地域を奪還してから1日後のことだった。

第6軍事地域の司令官代理であるアミーン・アル=ワイリ将軍は「アラブ連合軍の戦闘機に支援された政府軍が月曜日、フーシ派戦闘員への迅速な攻撃に成功し、Al-Douhedha地域を解放した」と述べた、と国営メディアが同氏を引用して伝えた。

国営テレビは、解放された地域を訪れる同司令官代理の映像を放送し、兵士たちがフーシ派により放棄された武器を回収している様子を放映した。

イエメン国防省が伝えたところによると、ハザム郊外の新たな地域から反乱軍を追放するために政府支持者が進行する中、攻撃の間に数十人のフーシ派の戦闘員が死亡、負傷、または捕虜になったという。

中央部のマリブ県では、数百人の陸軍部隊と地元部族がフーシ派と激しい戦闘を行い、Al-Makhdaraの新たな地域からフーシ派を追い出した。

イエメン国防省によると、連合軍の戦闘機がジャウフ県とマリブ県で数十回の出撃を行い、武装勢力の標的を攻撃し、数十人の戦闘員が死亡した。

サヌアやイエメン北部の他のフーシ派が支配する地域では、ここ数日の間にジャウフ県とマリブ県で政府軍との衝突で殺害された数十人の戦闘員を数千人の人々が追悼した。

2つの県で大きな損失をこうむっているにもかかわらず、フーシ派はマリブ市への攻撃を進めており、無人機やミサイルを使って軍や民間人を標的に攻撃している。

今週初め、国連のマーチン・グリフィス イエメン特使は、マリブへの軍事攻撃を止めるよう繰り返し要求した。イエメン国内および国際的な人権団体・援助団体は、もしフーシ派に都市への侵攻を許した場合、人口密度の高い地域で大規模な人道的危機が発生すると懸念を表明してきた。

特に人気
オススメ

return to top