Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国際サミット、国連にイランへの厳しい措置を求める

国際サミット、国連にイランへの厳しい措置を求める

9月12日にイランのレスリングの国内チャンピオンであるナヴィド・アフカリ氏が処刑されたという発表を受けて、今週、国際的に激しい抗議が行われた。(提供写真)
9月12日にイランのレスリングの国内チャンピオンであるナヴィド・アフカリ氏が処刑されたという発表を受けて、今週、国際的に激しい抗議が行われた。(提供写真)
ヨーロッパ、アメリカ、イランから10万人以上が、オンラインで開催された「自由なイラン」を支持するための大西洋横断サミットに参加した。(提供写真)
ヨーロッパ、アメリカ、イランから10万人以上が、オンラインで開催された「自由なイラン」を支持するための大西洋横断サミットに参加した。(提供写真)
イランは、イラン指導部による支配に反対する活動家を処刑してきた長い歴史がある。(資料/AFP通信)
イランは、イラン指導部による支配に反対する活動家を処刑してきた長い歴史がある。(資料/AFP通信)
Short Url:
20 Sep 2020 12:09:22 GMT9
20 Sep 2020 12:09:22 GMT9
  • ヨーロッパ、アメリカ、イランから10万人以上が、オンラインで開催された「自由なイラン」を支持するための大西洋横断サミットに参加した
  • 同サミット参加者の中には、国内での対立を一時棚上げにして、イランの政権を非難するために参加したアメリカの共和党と民主党の政治家がいた

Ray Hanania

シカゴ:活動家と政治指導者たちは国際サミットで金曜日、国連に対し、より強力な制裁措置を実施することで、イランの「人殺しで、テロリストである」政府に対し厳しい態度を取るよう求めた。

ヨーロッパ、アメリカ、イランから10万人以上が、オンラインで開催された「自由なイラン」を支持するための大西洋横断サミットに参加した。同サミットは、イラン抵抗国民評議会(NCRI)とムジャヒディン・ハルク(PMOI)が主催した。

同サミット参加者の中には、国内での対立を一時棚上げにして、イランの政権を非難し、弾圧の停止を要求するために参加したアメリカの共和党と民主党の政治家がいた。

複数の発言者は、2018年に始まった大規模な抗議行動に端を発したイランでの「新しい処刑の波」を強調した。抗議行動は、イランの政権がガソリン価格を引き上げた後、2019年11月に再び急増していた。

9月12日にイランのレスリングの国内チャンピオンであるナヴィド・アフカリ氏が処刑されたという発表を受けて、今週、国際的に激しい抗議が行われた。アフカリ氏は2018年の抗議活動中に逮捕され、警備員を殺害した罪で起訴されたが、容疑を否認していた。

「彼の唯一の罪は、イランを荒廃させ、国を略奪しながら血に染めた政権を打倒するために立ち上がって戦うことでした」と、新たに選出されたNCRI議長のマリアム・ラジャヴィ氏は、サミットでの冒頭の挨拶の中で述べた。

ラジャヴィ氏は「イランの人々は、(イランの最高指導者アリ・ハメネイ氏の)司法によって死刑判決が下されたことに対して、何週間も抗議してきました。イランの人々、人権擁護者、自由を愛する人々、スポーツ選手たちは、非人道的な判決を阻止するために、前例のない世界的なキャンペーンを開始しました」と話した。

同氏は「今日、ナヴィド・アフカリ氏はイランの何千もの抵抗する人々の心と闘争の中で生き続けており、人々は自由と正義のために抵抗し、立ち上がり続けるでしょう」と続けた。

イランは、指導部による支配に反対する活動家を処刑してきた長い歴史がある。1988年には、3万人以上の抗議者が検挙され、その後処刑された。ラジャヴィ氏は、イランの指導者たちは、1988年から30年間続いた殺人に対して裁きを受けるべきだと述べた。

「過去40年間のイランにおける法学者の政権による支配の経験により明らかになったのは、この体制が、政治犯として12万人の処刑を行うことでイランの支配を続けたことです。これらの処刑は、1988年に行われた3万人の政治犯の虐殺を含み、その90%がPMOIに属していました」とラジャヴィ氏は付け加えた。

同氏は「イランの政権はこれまでに国連総会で66回、人権委員会や人権理事会でもその重大な人権侵害を非難されています」と指摘した。

イランは隣国シリアの独裁者バッシャール・アサド政権を守るために300億ドル以上を費やしてきた、とラジャヴィ氏は述べ、シリアに展開したイランの過激派とその同盟組織に、アメリカの兵士や軍事顧問を標的にして殺害するよう命令している、と続けた。

11月3日の大統領選挙に向けて、アメリカの政治はますます分裂しているが、共和党と民主党の間では珍しい意見の一致が見られた。

共和党の発言者には、トランプ氏の顧問で元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏、元下院議長のニュート・ギングリッチ氏、テッド・クルーズ上院議員、そしてマルコ・ルビオ上院議員などがいた。民主党側では、ボブ・メネンデス上院議員、ジーン・シャヒーン上院議員、カーステン・ギリブランド上院議員、ジョー・リーバーマン元上院議員が、イランへの制裁をより厳しく、より制限的な制裁にすることを求めた。

ジュリアーニ氏はライブビデオ演説の中で、「イランはテロの政権だ。毎年、人権侵害、収奪、テロリズムの新しい年がやってくる」と述べた。

ほとんどの演説者は将来を見据え、国連に対イラン制裁を強化するよう促したが、ジュリアーニ氏は、この機会に便乗し、2015年にイランが核兵器の研究を放棄することで合意した「包括的共同作業計画(JCPOA)」、いわゆるイラン核合意の交渉時にイラン側に10億ドルを与えることに合意し、イラン政府を「なだめよう」としたバラク・オバマ前大統領を批判した。

英国のデビッド・ジョーンズ議員は、「JCPOAの存在とイランの体制に対し断固たる措置を取ることに失敗したことが、イランの政権による批判者に対するテロリズムを助長することになった」と述べた。イランに対する批判者は、米上院議員や長年体制批判を公言してきたジュリアーニ氏などがいる。

他にも、オバマ政権時代に役職についていたジェームズ・ジョーンズ元将軍らが発言した。彼はイランの政権を「自国の人々に対する言語道断で非道な、言いようのない残虐行為」を行っている政権であると非難した。

8月14日、国連安全保障理事会は、10月に期限切れを迎えるイランに対する武器禁輸措置の延長を求める米国主導の決議案を否決した。トランプ大統領は今週、米国がイランに対して独自の輸出入禁止措置を講じると発表し、他国にもそれに従うよう促す見通しだ。

ラジャヴィ氏は、昨年秋の抗議者に対する襲撃事件の後、国連が行動を起こさなかったこと、そして、アフカリ氏の処刑を非難しなかったことを批判した。

特に人気
オススメ

return to top