Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラブもう1カ国が間もなく、イスラエルと協定締結の見込み、米特使が伝える

アラブもう1カ国が間もなく、イスラエルと協定締結の見込み、米特使が伝える

アラブ首長国連邦とバーレーンは、アブラハム合意として知られるイスラエルとの関係正常化協定を締結した。(資料/AFP)
アラブ首長国連邦とバーレーンは、アブラハム合意として知られるイスラエルとの関係正常化協定を締結した。(資料/AFP)
Short Url:
24 Sep 2020 06:09:50 GMT9
24 Sep 2020 06:09:50 GMT9
  • アメリカは、協定により多くの国を参加させようとしている。
  • ドナルド・トランプ大統領は、今週初め、世界の首脳に対して、中東の将来について「最高に楽観視している」と語った。

Arab News

ドバイ:アラブ国がもう1カ国が今週、イスラエルと平和協定締結の見込みと、9月23日水曜、ケリー・クラフト アメリカ国連大使がアル=アラビーヤ(放送)に語った。

アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンが、アブラハム合意として知られるイスラエルとの関係を正常化する協定を締結した1週間後、アメリカ大使はコメントを出した。

同大使は、アメリカは協定にさらに多くの国を参加させようとしていると説明した。 

「まもなく多くの国を公表するだろう」と同大使は語り、1カ国は「1、2日内に」イスラエルと協定を締結するだろうと主張した。

アメリカの上級外交官は、「他国が追従しようとしていることを知っている」と述べた。

ドナルド・トランプ大統領は、今週初め、世界の首脳に対して、中東の将来について「最高に楽観視している」と語った。

国連総会での演説で、アメリカ大統領は、特に地域での自らの外交成果について吹聴した。

特に人気
オススメ

return to top