Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リビアからの難民船沈没、少なくとも13人が死亡

リビアからの難民船沈没、少なくとも13人が死亡

金曜日の難破は、紛争に苦しむ南アフリカの国から逃れる人々に降りかかる死の危険の現状を明らかにするものだ(File/AFP)
金曜日の難破は、紛争に苦しむ南アフリカの国から逃れる人々に降りかかる死の危険の現状を明らかにするものだ(File/AFP)
Short Url:
26 Sep 2020 06:09:24 GMT9
26 Sep 2020 06:09:24 GMT9
  • 難民船はリビアの首都トリポリ東部の街ズリテンから出航
  • リビアの沿岸警備隊は、救助を要請し捜索隊により一帯の探索が行われていると述べた

カイロ:国連が金曜日に報じたところによると、十数人の移民は、地中海において、小型ゴムボートのリビア沖での転覆によりヨーロッパへと向かう途中で水死し、この難破は、紛争に苦しむ南アフリカの国から逃れる人々に降りかかる死の危険の現状を明らかにするものだとした。

国際移住機関によると、リビアの漁師が木曜日遅くに沈没したボートを発見し、エジプト、バングラデシュ、シリア、ソマリア、ガーナからの難民を含む22人を何とか助け出すことができた。

しかし同船した少なくとも13人は行方不明で水死したと考えられる。シリア人の男性と女性各1名を含む3人の遺体が水中に浮かんでいるところを発見された。ボートはリビアの首都トリポリ東部の街ズリテンから水曜日遅くに出航していた。

リビアの沿岸警備隊は、救助を要請し捜索隊により一帯で他の犠牲者の探索が行われていると述べた。

「このところかなり多くのボートが出航しているが、秋は非常に航海が難しい時期だ」指揮官のMasoud Abdal Samad氏は言った。

「風が強くなると、死の危険がある。変わるのはあっという間だ。」

長年にわたる独裁者であったムアンマル・カダフィ氏が失脚し殺害された2011年の反乱以降、リビアはアフリカと中東からヨーロッパへの移住を望む難民にとって、主要な中継地点として浮かび上がっている。密輸業者は必死な家族を装備の不十分なゴムボートに詰め込み、ボートは危険な地中海中央ルート沿いで失速し沈没することが多い。国連によるとこの海域では、2014年以来少なくとも2万人が水死している。

国際移住機関の女性スポークスマンSafa Msehli氏によると、金曜日の難破で助かった人々は、トリポリ港へと連れていかれ、そこでやけどの治療を受けた。エンジンから漏れた燃料が海水と混ざることでやけどをする人が多いという。

リビア当局は生存者を、政府内務省のトリポリ支局に管理されているズリテンの拘置所へと導いた。海で救助されリビアへと返された難民は通常、拷問、恐喝、虐待で評判の悪い拘置所に入れられる。アムネスティ・インターナショナルが木曜日に明らかにしたところによると、何千人もの難民が民兵により運営される非公式の拘置所から強制失踪させられているという。

難破船は、何週もの同様の国連による記録に続いて「国が主導する調査と救助能力の発展および、孤立状態で運用されているNGOの船舶に対する支援が、現在これまでにないほど必要とされていることの証だ」とMsehli氏は語った。

2017年から、ヨーロッパ諸国は、特にイタリアは、調査と救助の責任のほとんどをリビアの沿岸警備隊に委託しており、彼らにより難民ボートはヨーロッパ海域への到達を阻止されている。活動家らは、ヨーロッパ当局が、非政府の救助組織が行う地中海パトロールおよびヨーロッパの港へと上陸させようとする活動を徐々に妨げていることを遺憾に思うとした。

AP

特に人気
オススメ

return to top