Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナの議員の支持者を対象とした逮捕作戦

パレスチナの議員の支持者を対象とした逮捕作戦

2017年8月28日(月)に撮影された、ヨルダン川西岸地区の都市ラマッラ郊外に新しく建設されたパレスチナ自治政府の邸宅。(AP通信)
2017年8月28日(月)に撮影された、ヨルダン川西岸地区の都市ラマッラ郊外に新しく建設されたパレスチナ自治政府の邸宅。(AP通信)
Short Url:
29 Sep 2020 06:09:24 GMT9
29 Sep 2020 06:09:24 GMT9
  • パレスチナ自治政府は、ダーラン議員がUAEとイスラエルの和平合意の締結に大きな役割を果たしたと考えている

Hazem Balousha 

ガザ市:パレスチナ自治政府の保安機関は最近、ヨルダン川西岸地区で自治政府に反対する活動家を逮捕する作戦を開始した。

この作戦は、マフムード・アッバース大統領の有名な批判者であるムハンマド・ダーラン議員の民主改革連合(Democratic Reform Bloc)の活動家を標的にしている。

ファタハ革命評議会の主要メンバー、元治安当局者、大学教授が逮捕された。その中には、ナーブルスの革命評議会のメンバーであるハイサム・アル・ハラビ(Haitham Al-Halabi)氏や、ガザ地区の元治安当局者であるサリム・アブ・サフィヤ(Salim Abu Safiya)少将などが含まれている。

数日前、ロンドンを拠点とするパレスチナ人ジャーナリストのジャヤブ・アブ・サフィヤ(Jayab Abu Safiya)氏は、叔父であるアブ・サフィヤ少将の自宅から、保安担当者が無許可で同氏の土地に立ち入る写真を公開した。

アブ・サフィヤ氏の家族は声明で、午前2時に保安機関が独断で同氏を逮捕したと述べている。アブ・サフィヤ氏はイスラエルの刑務所の元囚人で予防保安機関の創設者でもある。

裁判所は7日間の拘留後、月曜日にアブ・サフィア氏を釈放したが、ハイサム・アル・ハラビ氏の拘留は調査が進行する中、15日間延長された。

ラマッラのパレスチナ検察庁の当局筋がアラブニュースに語ったところによると、被告人たちは、武器の所持とヨルダン川西岸地区への違法な送金に関連した2つの主な容疑に直面している。

しかし、匿名を望んだファタハの有力筋によると、今回の逮捕は、アッバース大統領から予防保安機関に対して、ダーラン氏の支持者に対して厳しい措置を取るよう直接指示が下されたことに基づくものだという。

パレスチナ自治政府は、ダーラン議員がUAEとイスラエルの和平合意の締結に大きな役割を果たしたと考えている。

ダーラン氏はアッバース大統領との対立でヨルダン川西岸地区を離れることを余儀なくされ、その後UAEに居住している。ハマスが2007年にガザを支配した後、同氏はUAEに避難した。

以来、国際的にも地域的にも強い結びつきを持つダーラン氏(58歳)は、アッバース氏(84歳)の後継者候補として広く報じられてきた。

ヨルダン川西岸地区の治安部隊の報道官、アドナン・アル・ダメイリ(Adnan Al-Dameiri)少将は、今回の逮捕は政治的なものではないと否定した。同報道官は、「保安機関は4、5人を法律違反に基づいて逮捕しただけだ」と述べた。

逮捕作戦は、米国のデイビッド・フリードマン駐イスラエル大使の発言と時を同じくした。フリードマン大使は、ヘブライ語の新聞、Israel Hayomに対し、アメリカがアッバース大統領の後任にダーラン氏を据えることを考えていると語っていた。Israel Hayom紙は後にこの発言を撤回した。

ファタハの情報筋がアラブニュースに語ったところによると、この主張はアッバース大統領とそのチームを怒らせたという。また、フリードマン氏はダーラン氏がUAEとイスラエルの合意で「重要な」役割を果たしたと主張していた。

民主改革連合の報道官でファタハ革命評議会のメンバーであるディミトリ・ディリアーニ(Dimitri Diliani)氏は、アラブニュースに対し、ダーラン氏はアッバース大統領に先立ってフリードマン大使の発言を否定したと語った。同報道官は、ダーラン氏はアブダビからの公式声明でイスラエルとの取引についても否定したと付け加えた。

ディリアーニ氏は、被告たちに向けられた非難をはねつけ、彼らには「資金やヨルダン川西岸地区の現在の資金調達方法とは何の関係もつながりもない」と述べた。

同報道官は、資金と資金調達には「それぞれ別の構造」があり、ヨルダン川西岸地区への資金の受け渡し方法は厳格な秘匿性をもって行われていると述べた。

同報道官は「アッバース氏と彼を取り巻く受益者グループは、現在、国内・国外両方におけるファタハ内部で多数派となったダーラン連合の力を恐れている」と付け加えた。

ハイライト:ラマッラのパレスチナ検察庁の当局筋がアラブニュースに語ったところによると、被告人たちは、武器の所持とヨルダン川西岸地区への違法な送金に関連した2つの主な容疑に直面している。

特に人気
オススメ

return to top