Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 二国家解決、中東和平は米国の選挙に懸かっている:活動家

二国家解決、中東和平は米国の選挙に懸かっている:活動家

2020年2月20日、コロラド州コロラドスプリングズにおけるキャンペーン集会でのドナルド・トランプ氏、および2020年3月3日、カリフォルニア州ロサンゼルスにおける集会でのジョー・バイデン氏。(ロイター)
2020年2月20日、コロラド州コロラドスプリングズにおけるキャンペーン集会でのドナルド・トランプ氏、および2020年3月3日、カリフォルニア州ロサンゼルスにおける集会でのジョー・バイデン氏。(ロイター)
Short Url:
08 Oct 2020 04:10:01 GMT9
08 Oct 2020 04:10:01 GMT9
  • エド・ガブリエル氏は、バイデン氏が二国家解決の、そしてパレスチナ人にイスラエルとのより強力な交渉の基盤を与える「最後のチャンス」であると言う
  • ダリア・アル・アキディ氏は、過去の民主党政権は平和の約束を果たせなかったことに疑問を呈し、一方でトランプ氏は結果を出したと言う

レイ・ハナニア

シカゴ:イスラエルとパレスチナの紛争に対する二国家解決、そして中東和平全体が、アラブ系アメリカ人にとっては11月3日のドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン氏の間の選挙戦に懸かっている、と両陣営の活動家は水曜日に議論した。

元駐モロッコ米国大使で、バイデンを支持するアラブ人組織のスポークスマンであるエド・ガブリエル氏と、共和党の活動家でトランプ支持者のダリア・アル・アキディ氏が、デトロイトで放送されたUSアラブラジオネットワークの「レイ・ハナニア・ショー」にゲストと出演した。

彼らは、アラブ系アメリカ人が、中東における米国の行方を左右するのに一役買うだろうと語った。

ガブリエル氏は、バイデン氏が二国家解決の、そしてパレスチナ人にイスラエルとのより強固な交渉の基盤を与える「最後のチャンス」であると言う。

「二国家解決は危機に瀕しています」とガブリエル氏はアラブニュースが後援するラジオの生番組で発言した。「彼の信頼と自信のおかげで、彼は私たちをそこに到達させてくれると思います。私が外交で学んだことの1つは、双方の信頼と自信がなければ、困難に陥るということです…ジョーはそれを理解しています。」

ガブリエル氏は、そういった点でバイデン氏はビル・クリントン元大統領に「性格やアプローチが非常に近い」と言う。「バイデン氏にはバランス感覚があり、双方から信頼されており、両者をまとめることができます」とガブリエル氏は語った。

アラブ系アメリカ人とイスラム教徒は社会的および政治的に保守的である傾向があるとして、ダリア・アル・アキディ氏は、過去の民主党政権は平和の約束を果たせなかったことに疑問を呈し、一方でトランプ氏は結果を出したと言う。

「私たちは2つの中東諸国(UAEとバーレーン)とイスラエルの間の最も重要な2つの合意を目の当たりにしたばかりです…これからさらに増えるでしょう」と彼女は言う。

「これは、ここ40年間のうちで中東で起きた最高の出来事の1つです。これは、より平和な地域への第一歩です。」

アル・アキディ氏は、アラブ系アメリカ人は、ヒズボラやイランなどの過激派からの脅威を抑止する政策を支援する役割を果たすことができると言う。

「中東では、イランの政権やトルコからも大きな脅威があることを忘れてはいけません」と彼女は付け加えた。

「今こそ、中東の人々が平和に暮らすべき時です。それこそトランプ大統領が成し遂げたことであり、多くの大統領はこの面で失敗しました。」

ガブリエル氏は、バイデン政権はイランとヒズボラに対して「厳しい」態度をとるだろうと言う。「私たちはイランとの核合意の範囲を超えて、テロを助長する地域のミサイル技術やその代理人に目を向けるでしょう」と彼は付け加えた。

「しかし…ここはアメリカです。私たちは銃を掲げて先に進むことはしません。私たちは自らの価値観を掲げて先に進む必要があります。ジョー・バイデンは彼の価値観を掲げてリードします。あたかもジョーがインシャー・アッラー(全てアッラーの思し召し)とでも言うように。」

ガブリエル氏は、中東和平への取り組みの中でパレスチナ人だけでなく、アラブ系アメリカ人やイスラム教徒も排斥したとしてトランプ氏を批判した。

バイデン氏は、「オンラインで読むことができる6ページのアラブ系アメリカ人に関する政策文書を作成しました。この将来の政権が国内および外交政策に関してアラブ系アメリカ人にどう対処するかについての6ページの文書です」とガブリエル氏は言う。

「私たちは毎月、アラブ系アメリカ人のあらゆる種類のサブグループと数十回にわたり会合を持っています。私たちは耳を傾け、対応しています。私たちは常にジョー・バイデン氏からメールをもらっています…彼の心が伝わるものです」と彼は語った。

「先週の(大統領選挙討論会)で、彼はトランプ氏の目を見て、トランプ氏があるコメントをした際、ジョーは『インシャー・アッラー』と言いました。ジョーがそう言ったのには理由があります…彼はアラブの指導者たちと向き合ってきたのです…彼は非常にアラブ人的な暖かさを持っているのです。」

放送は、インタビューがライブでストリーミングされたアラブニュースのFacebookページで聞くことができる。

特に人気
オススメ

return to top