Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラク、悪名高いナーシリーヤ刑務所で「テロ」の有罪判決を受けた21人を処刑

イラク、悪名高いナーシリーヤ刑務所で「テロ」の有罪判決を受けた21人を処刑

イラクの特殊作戦部隊が、イラクのモースル西部でイスラム国の過激派と疑われる人物を逮捕した(2017年2月26日)。(ロイター通信)
イラクの特殊作戦部隊が、イラクのモースル西部でイスラム国の過激派と疑われる人物を逮捕した(2017年2月26日)。(ロイター通信)
Short Url:
17 Nov 2020 04:11:20 GMT9
17 Nov 2020 04:11:20 GMT9

 男性たちは全員、死刑を科す2005年のテロ対策法に基づいて有罪判決を受けていた。

– イラク人は恐る恐るナシリヤ刑務所を「アル・ハット」、あるいは「クジラ」と呼んでいます。

イラク、ナーシリーヤ:

イラクは月曜日、国の南部にある悪名高いナシリヤ刑務所で「テロリズム」の罪で有罪判決を受けた21人の男性を処刑したと、医療と警察の情報筋が語った。

各州のイラク人男性は、いずれも死刑を伴う2005年のテロ対策法に基づいて有罪判決を受けていたが、具体的な罪の詳細は明らかにされていない。

彼らは、イラクで唯一死刑を執行しているジーカール県のナシリヤ刑務所で絞首刑に処されました。

2003年のアメリカ主導の侵略によって打倒されたサダム・フセイン政権の元官僚を収容することで知られています。サダム自身は2006年12月に絞首刑に処された。

イラク人は恐る恐るナシリヤ拘置所を アル・ハットと呼んでいて、 “人々を飲み込んでしまう “広大な刑務所として知られています。

2017年末にイスラム国の敗北を宣言して以来、イラクは過激派組織の一員であることを理由に、何百人もの自国民を死刑に処してきた。

しかし、判決は国の大統領(現在のバルハム・サレハ)の承認を得なければならないため、実行されたのはごく一部に過ぎない。

警察筋はAFP通信に、サレハ氏が月曜日の処刑に署名したことを確認した。

イラクの裁判所はまた、イスラム国に加盟しているとの疑惑で何十人もの外国人を裁いており、11人のフランス人と1人のベルギー人を死刑に処している。

それらの死刑判決は現時点では執行されていません。

アムネスティ・インターナショナルによると、イラクは死刑執行を行っている国の中で5位にランクされており、2019年には同国で100人の死刑執行が記録されています。

これは昨年、世界の処刑者のうちの7分の1に相当します。

アムネスティや他の擁護団体は、イラクの司法制度が腐敗していること、状況証拠を使って急ぎの裁判を行っていること、被告人に適切な弁護や弁護士へのアクセスを認めていないことを非難している。

団体はまた、拘置所の窮屈な状況を非難している。当刑務所では、約20人の被拘禁者を保持するために作られた独房が、しばしば50人の被拘禁者でいっぱいになることがある。

軽犯罪で逮捕された人たちは、固まった過激派と一緒に拘束されることが多く、これが過去に過激化を促進してきたと専門家は述べている。

イラク政府は、収容所や囚人の数について、テロリズム関連の罪状に直面している人数などを明らかにしていないが、一部の調査によると、2万人がイスラム国とのつながりを疑われて拘束されていると推定されている。

バグダッドのアブグレイブ刑務所のように、米軍主導の占領下で囚人虐待で悪名高い施設となり、近年閉鎖された施設もある。

他の施設には、暴動に揺さぶられ、「テロ」の罪に問われた拘置所の被収容者を逃がすための脱獄を許したものもある。

夫や兄弟、息子が過激派戦闘員と疑われていた女性の多くは、今でも国内各地の難民キャンプで暮らしている。

彼らは移動の自由がほとんどなく、健康管理や子供の学校教育を受けることさえできず、NGOはこのキャンプを “収容所 “と非難しています。

AFP

特に人気
オススメ

return to top