Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エルサレムの緊迫した地域でパレスチナ人とユダヤ人入植者が衝突

エルサレムの緊迫した地域でパレスチナ人とユダヤ人入植者が衝突

エルサレムのシェイク・ジャラー地区で、パレスチナ人家族が立ち退きを迫られていることに対するデモの参加者がイスラエルの治安部隊に逮捕される。(AFP)
エルサレムのシェイク・ジャラー地区で、パレスチナ人家族が立ち退きを迫られていることに対するデモの参加者がイスラエルの治安部隊に逮捕される。(AFP)
Short Url:
22 Jun 2021 01:06:55 GMT9
22 Jun 2021 01:06:55 GMT9
  • 入植者グループは複数のパレスチナ人家族を立ち退かせようとしている
  • 立ち退きを迫ったことは、先月の11日間に及ぶガザ紛争の前に行われた抗議行動や衝突に拍車をかけた

エルサレム:入植者グループがパレスチナ人の複数の家族を立ち退かせようとしているエルサレムの緊迫した地域において、パレスチナ人とユダヤ人入植者は、一晩中、石や椅子、花火などを投げ合った。火曜日に当局が発表した。

立ち退きを迫ったことは、先月の11日間に及ぶガザ紛争の前に行われた抗議行動や衝突に拍車をかけ、イスラエルの新連立政権にとっては試練となっている。イスラエルの新連立政権は、入植に賛成の党が3党入っているが、内部分裂を避けるためにパレスチナ問題を避けようとしている。

イスラエルの警察と国境警備隊は、シェイク・ジャラー地区で4人の容疑者を逮捕したと発表した。誰が暴動を始めたかは不明である。警察によると、1人の女性が石で背中を負傷したという。

赤新月社の救急隊によると、20人のパレスチナ人が治療を受けており、そのうち16人が唐辛子スプレーや催涙ガスの被害に遭い、他の人はゴム被覆弾で負傷したという。また、他にも2人が負傷し、そのうちの1人は頭部に怪我をした高齢者であるという。

赤新月社によると、入植者らは同社の救急車に向かって石を投げ、さらにイスラエル軍が同社の別の救急車にスカンクウォーターを放水したという。

先月、イスラエルとハマスの間で行われた11日間の戦争に先立って、数週間にわたる騒動が国際的な注目を集めていたシェイク・ジャラーにおいて、今回の暴動は直近の事案となる。5月21日には停戦が成立したものの、ユダヤ人入植者らによるパレスチナ人家族数十世帯の立ち退きを求める活動は長く続いている。

このように、緊張の連鎖は続いており、発足してわずか1週間のイスラエルの新連立政権は厳しい試練に立たされている。

輪番制で首相に就任しているのは、右派政党ヤミナのナフタリ・ベネット首相。2年後には、中道政党イエシュ・アティドの党首ヤイル・ラピド氏が首相に就任する。反対派を率いるのは、12年間首相を務めた後に追放されたリクードのベンヤミン・ネタニヤフ氏だ。

騒動の最中、イスラエルの司法長官が介入したことで、最も差し迫った立ち退きについては保留されている。しかし、権利団体によると、国際的な関心が薄れる中、今後数ヶ月の間に立ち退きが進み、新たな死者が発生する可能性があるという。

入植者らは、旧市街の城壁のすぐ外側、東エルサレムの中でも最もデリケートな地域の一つである、いわゆるホーリーベイスン(Holy Basin)の中にある人口密集地のパレスチナ人地区から、パレスチナ人家族を立ち退かせる運動を数十年にわたって展開してきた。

イスラエルは1967年の戦争で、ユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒にとって神聖な場所である東エルサレムを占領し、国際的には認められていない方法で併合した。イスラエルはエルサレム全体を首都とみなしているが、パレスチナ人はエルサレム東部を将来の国家の首都とすることを望んでいる。

入植者らは、これらの住居は、イスラエル建国をめぐる1948年の戦争以前にユダヤ人が所有していた土地に建てられていると主張する。イスラエルの法律では、ユダヤ人はそのような土地を取り戻すことができるが、同じ紛争で土地や家を失ったパレスチナ人にはその権利は与えられていない。

特に人気
オススメ

return to top