Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンの燃料危機にヒズボラが活気づく

レバノンの燃料危機にヒズボラが活気づく

2021年6月25日、レバノンのダムールにあるガソリンスタンドに並ぶ車の列。(ロイター)
2021年6月25日、レバノンのダムールにあるガソリンスタンドに並ぶ車の列。(ロイター)
Short Url:
27 Aug 2021 11:08:29 GMT9
27 Aug 2021 11:08:29 GMT9

レバノンで起きている燃料危機により、全国の道路が渋滞している。レバノン人が「マズート」と呼ぶ重油が不足しているため、家庭はもちろん、病院も停電している。国営の電力会社が数時間しか電力を供給しないこの国では、レバノン人は日中の大半を自家発電に頼らなければならない。しかし、食料や医薬品が急速に失われていく中で、「マズート」の確保も課題になっている。

燃料不足は、レバノンがカースト的な社会に変貌したことを示す例でもある。権力者やヒズボラの関係者は、車のタンクを満タンにし、「マズート」を配達してもらうこともできる。近い将来、人々は、腐敗していると非難されている政治家や宗教家に助けを求めるしかなくなるだろう。ヒズボラの保護の下、国全体が崩壊し、人々の意思が破壊されているのだ。

ヒズボラの指導者ハッサン・ナスラッラー師は最近、イラン製の燃料を積んだタンカー3台がレバノンに向かっていると豪語した。また、アメリカとイスラエルに対しても、この燃料輸送に対して何かしてみろと挑発した。同時に、イラン外務省のサイード・カティブザデ報道官は、このレバノンのシーア派ビジネスマンが購入した3隻のタンカーに加えて、レバノン政府に燃料を販売する意思があると宣言したのである。単純な疑問だが、このビジネスマンたちはレバノン政府とどのような取引をしているのだろうか?さらに言えば、問題は世界市場での燃料不足なのか、それともレバノン政府が燃料の輸入代金を払えないことなのか。

答えは簡単だ。理論的には、レバノンは代金を支払う気があれば世界のどこからでも購入するべきだし、できるはずだ。しかも、イランの政府関係者は、これらの貨物が購入されたことを明らかにしている。では、レバノン政府はそれを買ったビジネスマンにどうやって補償するつもりなのか。

この状況は、ナスラッラー師の宣言の偽善性を示している。レバノンを救うどころか、イランはビジネス取引に従事しているのだ。ナスラッラー師は自分のビジネス仲間のために代金を引き出すことができるだけでなく、出荷の大部分をシリアへの密輸品として売ることも予想される。残りはレバノン人が高騰した価格で争うために残されることになる。

ヒズボラの保護の下、国全体が崩壊し、人々の意思が破壊されているのだ。

ハーリド・アブー・ザフル

商取引を、まるでイランがレバノンのために犠牲になったかのように装うのは、恥ずべきヒズボラの戦術である。実際には、この出荷はイラン、ヒズボラ、シリアというビジネスマンたちにとっては良い取引である。しかしこれはレバノンの人々にとって悪い取引であり、金融取引よりもはるかに高い代償を払うことになる。レバノンはこれらの輸送を拒否すべきである。政府が集中すべきことは、明確な購入・流通条件を持つ別の供給源を見つけ、レバノン人の痛みを和らげ、少なくとも病院に電気を供給することである。

ヒズボラがレバノンを支配していることは明らかだが、国内が混乱しているため、イランの利益に貢献することはますます難しくなっている。国内の状況は国民全体を苦しめているが、シーア派は冷酷な独裁者に直面しているため、より苦しんでいるかもしれない。

つまり、ヒズボラはもはや友好的な環境で活動しておらず、これが最大の問題である。レバノン人は、自分たちの社会におけるこのイラン的要素を拒絶している。彼らにはそれを行動に移す力はないが、できることならヒズボラの活動を可能な限り妨害したいと考えている。ヒズボラは今、明らかに住民を黙らせようとする侵略軍である。

この状況に対する国際的な見方には欠陥がある。例えば、世界の多くの人々は、レバノンが他の燃料供給元を探すことはヒズボラにとって政治的損失になると考えている。しかし、そうではない。

ヒズボラは世界のどこからでも燃料を歓迎するだろう。なぜなら、それでも自分たちの利益は確保できるからだ。さらに、国中が道路を封鎖している状況は、過激派にとっては自分たちの動きや物流機能を阻害する問題でもある。忘れてはならないのは、ヒズボラは何よりもまず、政治的組織ではなく軍事的組織であるということだ。ナスラッラー師は、国内に入ってくる資源はすべて自分のものであり、その分配を決定する権限を持っていることを知っている。

燃料事情の悲劇は、人々がどうやって生き延びようかと走り回っている一方で、なぜ国営電力会社に供給能力や資源がないのかを疑問視する余裕すらないことだ。その答えは簡単だ。老朽化したレバノンの国家はヒズボラのものであり、国を奪い、テヘランまでの利益を守る「戦線」のカスケードであるからだ。

ガソリンスタンドに何時間も並んでいるレバノン人は、政治家や宗教家の車を見ることはないだろうと私は確信している。また、学校や病院の電気が消えても、自分たちの冷蔵庫を動かすのに必要な重油は同じく彼らが持っているだろう。このカースト的な社会は、シリアの占領、そして今はイランの占領によってもたらされたものだ。少数派の人々は、どんなに弱い指導者であっても、その指導者に庇護や保護を求めざるを得なくなり、国は悪循環に陥っている。

その結果、個人の義務や忠誠心は、国ではなく指導者の所有物となってしまうのだ。今こそ、ローカリゼーションを推進して、このサイクルを断ち切る時なのだ。

  • ハーリド・アブー・ザフルは、メディア・ハイテク企業であるEurabia社のCEOであり、Al-Watan Al-Arabi紙の編集者でもある。
特に人気
オススメ

return to top