Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トルコとロシア、ナゴルノ・カラバフの停戦努力に他国を参加させることを協議

トルコとロシア、ナゴルノ・カラバフの停戦努力に他国を参加させることを協議

アルメニアと国境を接するカルバハル地区には、ナゴルノ・カラバフと隣国を結ぶ2つの道路のうちの1つがあり、アルメニア人とアゼルバイジャン人にとって戦略的に重要な意味を持っているが、分離独立を求める地域をめぐる長期にわたる紛争において、ロシアが仲介した両国間の停戦合意に従って、アゼルバイジャンに引き渡されることになっている。(AP)
アルメニアと国境を接するカルバハル地区には、ナゴルノ・カラバフと隣国を結ぶ2つの道路のうちの1つがあり、アルメニア人とアゼルバイジャン人にとって戦略的に重要な意味を持っているが、分離独立を求める地域をめぐる長期にわたる紛争において、ロシアが仲介した両国間の停戦合意に従って、アゼルバイジャンに引き渡されることになっている。(AP)
Short Url:
26 Nov 2020 01:11:18 GMT9
26 Nov 2020 01:11:18 GMT9
  • アゼルバイジャンとアルメニアは、11月10日にロシアの仲介による停戦に署名し、6週間に及ぶ山岳地帯での衝突を停止した
  • ロシアの平和維持軍が停戦合意の下で 飛び地に派遣され、アゼルバイジャン人の前進を封じ込めている

アンカラ:トルコのタイイップ・エルドアン大統領は水曜日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とナゴルノ・カラバフでの停戦を維持するための取り組みに他国を参加させる可能性について協議したと語った。

アゼルバイジャンとアルメニアは、11月10日にロシアの仲介による停戦に署名し、6週間に及ぶ山岳地帯での衝突を停止した。同地域は、国際的にはアゼルバイジャンの一部と認められているが、主にアルメニア人が居住している。

ロシアの平和維持軍が停戦合意の下で 飛び地に派遣され、アゼルバイジャン人の前進を封じ込めている。

トルコは平和維持軍を派遣していないが、ロシアとの間で停戦監視のための共同センターを設置する合意に署名している。

「我々はこれをさらに発展させ、拡大する機会を持っている。我々はプーチン氏ともこれらの発展と拡大の取り組みについて協議した」とエルドアン氏は語った。

同氏は、停戦を維持するためのプロセスは、この地域の他の国が参加すれば「別のレベル」に持っていくことができると述べたが、公のコメントでは国名は明言しなかった。

トルコとロシアは監視センターの諸条件について協議を行ってきたが、トルコの情報筋がロイターに伝えたところでは、アゼルバイジャンの領土に独立した軍事監視所を設置したいというアンカラの意向を巡って両者は対立しているという。

トルコは長い間、ナゴルノ・カラバフを巡ってはアゼルバイジャンのトルコ系民族を支持しており、数十年にわたる調停で紛争を解決していないとして、安全保障と権利の監視機関である欧州安全保障協力機構(OSCE)ミンスク・グループの共同議長を批判してきた。ミンスク・グループには、フランス、ロシア、米国が含まれている。

フランスは、40万人から60万人に上るアルメニア系住民がいるが、ロシアとトルコが将来の和平交渉から西側諸国を切り離す可能性があるとの懸念から、停戦の国際的な監督を求めている。

エルドアン氏は、ミンスク・グループの共同議長がこの合意を巡って「不快感」を示しているが、それは「何の価値もない 」と語った。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top