Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノン議会、すべての国家機関のフォレンジック監査を勧告

レバノン議会、すべての国家機関のフォレンジック監査を勧告

レバノンは昨年10月以降、大規模な抗議運動が続いており、未曾有の経済・政治危機に直面している。(ロイター通信)
レバノンは昨年10月以降、大規模な抗議運動が続いており、未曾有の経済・政治危機に直面している。(ロイター通信)
この写真は、2020年3月21日に撮影された航空写真で、レバノン議会があるエトワール広場(Sahet al-Nejme)と、レバノンの首都の中心にある政府の宮殿が後ろに写っている。(AFP通信)
この写真は、2020年3月21日に撮影された航空写真で、レバノン議会があるエトワール広場(Sahet al-Nejme)と、レバノンの首都の中心にある政府の宮殿が後ろに写っている。(AFP通信)
Short Url:
28 Nov 2020 02:11:28 GMT9
28 Nov 2020 02:11:28 GMT9
  • この勧告は中央銀行の監査を求めるアウン大統領の要請を受けて行われた
  • 市民活動家が国連の調整官に対し、ヒズボラに国家崩壊の責任を問うメッセージを伝えた

Najia Houssari 

ベイルート:レバノン議会は金曜日、リバン銀行(レバノンの中央銀行)に対するフォレンジック監査への支援を要請するミシェル・アウン大統領からの書簡について議論した。

この要請は、レバノン政府が改革コンサルタント会社Alvarez & Marsalとの間で締結した中央銀行に対する会計監査を実施するための契約を覆すものだった。これは、金融法や銀行秘密法に抵触するため、同社への情報提供にリバン銀行が消極的なためだ。

議員たちは会議の最後に、「リバン銀行、各省庁、独立した利害関係者、会議、金融機関、自治体、そしてすべての基金は、何ら妨げられることなく、かつ、銀行業務の秘密性やその他一切に抵触することなく、並行してフォレンジック監査を受ける」との勧告を承認した。

ユネスコホールでの議論は、議員連合間の分裂を反映していた。進歩社会党、アマル、未来運動は「すべての機関の包括的な監査」を支持したが、自由愛国運動とレバノン軍団の議員は「最初にリバン銀行を会計監査する」ことを主張した。

この分裂は2つの法案に反映されており、そのうちの1つはレバノン軍団が提出したもので、政府がリバン銀行について決定した会計監査および/または犯罪捜査に関連するすべての事項において、この法律が公布された日から銀行秘密法を1年間停止する。アマルの議員が提出した法案は、フォレンジック監査の範囲を拡大し、「例外、配慮、変更の可能性、悪意を持たず、すべての省庁、機関、部局、基金、会議」を対象としている。

ヒズボラは、2つの友党であるアマルと自由愛国運動を合わせた3者の中で、最も困惑した議員連合のように見えた。ヒズボラ議員連合の代表であるモハマッド・ラアド議員は会議中、「我々はリバン銀行のフォレンジック監査を支持し、監査がすべての公的機関で実施されることに同意し、銀行秘密法の一時的な停止を承認することを提案する」と述べた。

Wael Abou Faour議員は会議終了後、「アウン大統領は、犯罪捜査が行われなかったことについて議会に責任を問おうとしたが、議会は例外なくすべての国家部門を監査するという勧告を承認することで対応した」 と述べた。

自由愛国運動は、国の公的債務の半分を抱えるエネルギー省の会計監査に反対した。自由愛国運動は、中央銀行の会計監査を強く要求した。「強いレバノン」議員連合の書記、イブラヒム・カナーン議員は、「レバノン国民は預金の行方を知る権利がある」と述べた。

未来運動のサミール・アル・ジスル議員は、「ハッサン・ディアブ内閣はフォレンジック監査を承認し、監査を中央銀行の予算、損益計算書、外貨準備高の水準に限定していた。国のすべての省庁、部局、施設、機関に自動的に監査を適用することはできなかった。しかし、リバン銀行だけでなく、国のすべての省庁・機関・施設を監査に含めるという勧告を議会が承認し、その勧告を法律に変えれば、会計・フォレンジック監査は義務化される」と述べた。

市民運動の活動家たちは、レバノンの銀行に預けられたお金の行方を知るために、議員に働きかけた。活動家たちは通行人や車に、リバン銀行の会計についての真実を知る権利を要求するビラを配布した。

治安部隊と多数の抗議者が衝突して多数の関係者が負傷し、赤十字が首都の病院に搬送した。

別の市民運動グループは、バアブダにある国連レバノン特別調整官ジャン・クビス氏の事務所の外で座り込みを行った。同グループはクビス氏にメッセージを送り、「国家の中の国家と違法な武器」を拒否し、「武器の保有、そして戦争と平和はレバノン人の国家が単独で決めるものだ」と訴えた。

同グループは、「国家の機能を支配するヒズボラが、政治、金融、経済、医療、教育の崩壊と、レバノンがアラブや国際的な環境から孤立している主な原因だ」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top