Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンがイスラエルの飛行に対して国連に緊急告訴

レバノンがイスラエルの飛行に対して国連に緊急告訴

UNIFILは最近、イスラエルのドローンと戦闘機によるレバノン空域上空の多数の飛行を確認している。(Shutterstock)
UNIFILは最近、イスラエルのドローンと戦闘機によるレバノン空域上空の多数の飛行を確認している。(Shutterstock)
Short Url:
13 Jan 2021 12:01:52 GMT9
13 Jan 2021 12:01:52 GMT9
  • 陸軍司令部は、「侵犯問題を国連レバノン暫定軍(UNIFIL)と協議している」と強調した。

Najia Houssari

ベイルート:レバノンは火曜日、イスラエルに対するレバノン領空の継続的侵犯について、国連安全保障理事会に告訴した。

レバノン軍司令部は、イスラエル軍用機による領空侵犯が、南部とレバノン山脈を低空飛行したことで、少なくとも1日に8回も記録されたと述べた。

さらに、「領空侵犯と同時に領海侵入が起きている。月曜日にイスラエル砲艦がラスアルナコウラ沖のレバノン領海を4段階で最大距離約314メートル侵犯した」と付け加えた。

陸軍司令部は、「侵犯問題は、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)と協議している」と強調した。

レバノンの元陸軍将校MPWalid Sukkarieh氏は、アラブニュースに次のように語った。「レバノン領空を侵犯するイスラエル航空機には2種類があり、地上の、特にヒズボラの動きの監視を目的としたドローンと、最近レバノン上空を飛行して誇示するF-16およびF-17軍用機がある。」

「ベンヤミン・ネタニヤフ首相が米国なしにはこの任務を単独遂行できないため、イスラエルは、ドナルド・トランプ米大統領がイランとの戦争を開始することに賭けていた。しかし、米国議会で起きたことはトランプをこの冒険から身を引かせ、戦争の要因が消滅したので、イスラエルはこのような形で強さを誇示するために訴えている。」

「イランもヒズボラも戦争を望んでおらず、戦争にも関心がない」と考えている、と氏は付け加えた。

UNIFILは最近、イスラエルの無人航空機と戦闘機によるレバノン領空での飛行を多数確認したと、広報担当のアンドレア・テネンティ氏が述べ、これらは決議1701とレバノンの主権侵害であると強調した。

「我々は再びIDF(イスラエル国防軍)司令部に領空侵犯をやめるよう呼びかけた」と氏は述べた。「継続的侵犯は地元住民の恐怖を増大させ、緊張緩和し、南レバノンの安定した安全環境の確立という取り組みを蝕む。」

テネンティ氏は次のように述べた。「地域が緊張している現在、UNIFILの取り組みは、ブルーライン(暫定境界線)に沿って穏やかで安定した状況を維持することだ。この目的のため、UNIFILは、騒動を引き起こしてレバノンとイスラエル間の休戦状態を危うくする活動に対し、当事者に強く警告する。」

ミシェル・アウン大統領の指示に基づき、職務代行のチャーベル・ウェーベ外相は、レバノン大使と常任代表を通じて、国連安全保障理事会とアントニオ・グテーレス国連事務総長に、イスラエルがレバノンの主権を侵害したことに対する苦情を申し立てた。

外務省が発した訴状は、「数日間行われた継続的かつ深刻な領空侵犯」に言及し、「安全保障理事会決議1701の重大な違反」と説明し、「安全保障理事会は、これらの攻撃に関しイスラエルを非難し、地域の安定、安全、平和を維持するために直ちにこれを終わらせることを要する。」と強調した。

陸軍司令部は1月8日にイスラエルの領海侵入について語った。侵犯は、イスラエル砲艦によって行われ、ラスアルナコウラ沖のレバノン領海に4段階で入り、最大距離約370メートルまで達した。砲艦の乗組員は前述の海域に3つの信号弾を投じた。陸軍司令部は、ラスアルナコウラの反対側、約444メートルの距離で別の侵犯が生じ、これが3分間続いたことを強調した。

レバノン人の多くが、2016年に起きたことと同様のイスラエルによるレバノン攻撃の可能性に対し、以前の恐怖を思い出した。多数の活動家がソーシャルメディアでこれを表明し、「領空の戦闘機」はTwitterやその他の場で流行した。イスラエル軍用機の写真を撮り、騒音の発生を訴え、「レバノンポンドの崩壊に慣れたように、敵の航空機の音にも慣れていくようだ」と述べた人もいた。

別の活動家は次のように尋ねた。「レバノンでのロックダウンは、隔日で奇数と偶数の車のナンバープレートの法則を見た。これがイスラエル人に届き、F-16とF-17のジェット機が隔日で交互に飛ぶようになることを願う。」

topics
特に人気
オススメ

return to top