Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンが国連にイスラエルの領空侵犯を提訴

レバノンが国連にイスラエルの領空侵犯を提訴

レバノンでの任務遂行のために、イスラエル北部の空軍基地からイスラエルのF-16戦闘機が飛び立つ。(AP)
レバノンでの任務遂行のために、イスラエル北部の空軍基地からイスラエルのF-16戦闘機が飛び立つ。(AP)
Short Url:
21 Aug 2021 06:08:48 GMT9
21 Aug 2021 06:08:48 GMT9
  • レバノン軍は19日、ベイルート周辺を含む各地域でイスラエルによる6回の領空侵犯を記録した

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンは、イスラエルの領空侵犯に関して国連安保理に緊急提訴した。申し立ては、上空での飛行が「レバノンの主権を侵害し、民間航空の安全を危険に陥れ、レバノン国民および外国人の民間人乗客らの生命を直接脅かした」としている。

暫定政府のゼイナ・アカル外務大臣代理は、敵意ある航空機が言語道断の領空侵犯を行い、レバノン領空からミサイルを発射し、低空からシリア内の複数の場所を標狙って攻撃したと述べた。

アカル氏は、レバノンの国連大使であるアマル・ムダラリ氏を通して、シリア領土に対する攻撃でレバノン領空を使用することをイスラエルに止めさせるよう国連に要請した。

国連レバノン暫定軍(UNIFIL)のミッション責任者であるステファノ・デル・コル司令官は、「イスラエル戦闘機によるレバノン領内の飛行は、国連安保理決議1701とレバノン主権に対する侵害行為だ。イスラエル国防軍にはそのような行為を止めるよう改めて要請する。これは、敵対意識を抑えて地域住民の信頼を構築しようとするUNIFILの努力を台無しにする行為だ」と述べた。

デル・コル司令官はレバノン国営通信の報道の中で、状況を劇化させるような行為や対応を自制するようすべての当事者に呼び掛けた。

レバノンのミシェル・アウン大統領は、国連レバノン担当特別調整官のヨアンナ・ヴロネツカ氏に対し、「こうしたイスラエルの違反行為を終わらせ、再び繰り返されることのないよう迅速な対応をとること」を求めた。

19日夜にレバノン軍司令部は、ベイルート周辺を含む各地域でイスラエルによる6回の領空侵犯を記録した。

イスラエルの戦闘機は、ベイルートやその南部近郊を低空飛行してシリア領土を爆撃し、住民をパニックに陥れた。特にこの攻撃は、ヒズボラ書記長ハッサン・ナスラッラー氏が米国とイスラエルに対し、ディーゼル燃料を積載してレバノンへ向かうイラン船舶を攻撃しないように警告した数時間後のことであった。一旦航海へ乗り出せばその船舶はレバノン領域の一部と見なされるとナスラッラー氏は警告していた。

レバノン住民は、ミサイルの発射が引き起こす騒音に、イスラエルがヒズボラ拠点を攻撃しているのではないかと考えて警戒した。

イスラエルのレバノン領空侵犯により、ベイルート・ラフィク・ハリーリ国際空港に向かう民間航空機2機が進路変更を余儀なくされた。民間航空局のファディ・アル・ハサン局長は、「ベイルート空港の運航が止まることはなかったが、シリアとキプロスの管制塔が、アブダビとトルコからベイルート空港に向かう2機の航空機に対し、爆撃を理由とする進路変更を要請し、その後に2機ともベイルートに無事着陸した」と述べた。

ガソリンスタンド、病院、自家発電機所有者のディーゼルを確保するためにヒズボラがイランの船舶をレバノン領海に引き入れていることに関して、現時点でレバノン政府の公式見解は表明されていない。

人権団体ジャスティシアの代表であるポール・モルコス氏は、「米国財務省から特別な免除を得ずにイランから燃料を輸入すれば、レバノンは米国の制裁を受ける恐れがある。そうなると、レバノンを出入りする送金、信用取引、輸送などの動きに直接影響が及ぶ。国際金融機関や国際コルレス銀行は、この制裁措置に違反しないようレバノンとの協力を控える可能性がある」と述べた。

「米国によるイランへの制裁は、特に石油産業やイラン製品の取引など、イランの収益に利する同国との取引を阻止している。米国の制裁措置は、個人にも団体にも同様に課せられる」とモルコス氏は述べた。

深刻なディーゼル燃料の不足に加え、燃料輸入会社の在庫が尽きているにも関らず、中央銀行が輸入業者に対する新たな債権をまだ承認しないため、レバノンの多くのガソリンスタンドは20日、ガソリンの販売を中止した。

公式価格4万5000レバノンポンドのガソリン20リットル入り容器が、闇市場では50万ポンドで販売されている。

一方、議会は20日に本会議を開き、中央銀行の燃料補助金打ち切りに対する抗議措置としてアウン大統領が送った書簡について審議した。補助金打ち切りに反対するアウン陣営と、補助金打ち切りと市場自由化を支持する議員らとの間で、激しい議論が交わされた。支持派は、「支払準備金を使用するいかなる法律も、憲法に保障されている私有財産に影響を及ぼすため、憲法違反であり上訴の対象となる」と主張している。

議会は、「新政府を樹立し、配給カードの配布を迅速化し、市場を独占から解放すること 」を満場一致で勧告して終了した。

未来ブロックのハディ・ホベイシュ議員は、「国民が中央銀行へ預けた国民のお金を盗む法律には、誰も投票することはできない」と述べた。

 

特に人気
オススメ

return to top