Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランが緊張の中、オマーン湾でミサイル訓練を実施

イランが緊張の中、オマーン湾でミサイル訓練を実施

上記写真は、イラン南部の戦略上重要なホルムズ海峡付近で軍事演習中のイラン海軍の艦艇(2020年9月12日、アラビア湾/オマーン湾で撮影)。(写真:イラン軍/AFP通信)
上記写真は、イラン南部の戦略上重要なホルムズ海峡付近で軍事演習中のイラン海軍の艦艇(2020年9月12日、アラビア湾/オマーン湾で撮影)。(写真:イラン軍/AFP通信)
Short Url:
13 Jan 2021 06:01:04 GMT9
13 Jan 2021 06:01:04 GMT9
  • 2日間のミサイル訓練は、オマーン湾の南東海域で行われた
  • ここ数週間、イランは軍事演習を増やしている

テヘラン:イランの国営放送の報道によると、イラン政府の核開発をめぐる地域の緊張が高まり、米国のイスラム共和国(イラン)に対する圧力作戦が展開される中、イラン海軍は水曜日、オマーン湾で短距離ミサイル訓練を開始した。

2日間のミサイル訓練はオマーン湾の南東海域で行われ、イラン製の新型軍艦2隻が訓練に参加した。参加した新型軍艦は、ミサイル艇「Zereh(またはArmor)」と、ヘリパッドを備え、イラン南部の沿岸地域にちなんで名付けられた輸送艦「Makran」。

ドナルド・トランプ大統領は2018年、イラン政府が経済制裁の緩和と引き換えにウラン濃縮を制限することで合意したイラン核合意から米国を一方的に離脱させた。トランプ氏は、中でもイランの弾道ミサイル計画を問題として取り上げ、合意からの離脱に踏み切った。

その後、米国が制裁を強化すると、一連の激化する出来事が同年のはじめに両国を戦争の瀬戸際に追い込む中、イランは徐々に、そして公然と合意で定められた核開発に関する制限を放棄した。

ここ数週間、イランは軍事演習を増やしている。土曜日には準軍事組織のイスラム革命防衛隊がアラビア湾で海軍パレードを行い、一週間前にはイランは国土の半分を横断する大規模な無人機の演習を行った。

また先週、イランはアラビア湾で韓国の石油タンカーを拿捕して乗組員を拘束した。同船はイランの港で抑留されたままとなっている。イスラム共和国(イラン)は、米国の対イラン制裁に関連して韓国の銀行で凍結されている数十億ドルのイランの資産をめぐる交渉の前に、ソウルに対する影響力を高めようとしているように見える。

火曜日、マイク・ポンペオ米国務長官はイランが過激派組織アルカイダと秘密の関係を持っていると非難し、イランの高官数人に新たな制裁を課した。イランはこの告発を否定している。

AP通信

topics
特に人気
オススメ

return to top