Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ネタニヤフ氏の政権樹立の期限が切れ、ライバルが注目されている

ネタニヤフ氏の政権樹立の期限が切れ、ライバルが注目されている

ネタニヤフ氏は、新たな連立政権樹立の深夜の締め切りに間に合わなかった。(AP/資料写真)
ネタニヤフ氏は、新たな連立政権樹立の深夜の締め切りに間に合わなかった。(AP/資料写真)
Short Url:
05 May 2021 03:05:53 GMT9
05 May 2021 03:05:53 GMT9
  • 現職の首相のライバルたちは連立を組むチャンスを得るが、彼らが政治的行き詰まりを打開できる保証はない
  • イスラエルでは2年間で4回の選挙が行われたが、決着は付いていない

エルサレム:ベンジャミン・ネタニヤフ首相の新政権樹立の期限が5日朝、切れた。イスラエルで最も長い間首相を務めている同氏は、2年以上にわたる政治的行き詰まりを打開できずにいる。

保守派の現職の首相が新たな連立政権を樹立できなかった後、首相の臨時政府に入っていない政党が相違点の調整をして首相を退かせることができるという保証もない。

ネタニヤフ氏(71)は2009年から首相を務めているが、1990年代にも3年間務めていた。同氏は国政のかじを取るために2019年から4回の選挙を闘ったが、いずれも決着が付かず、汚職容疑で公判中だ。同氏は否認している。

深夜の締め切りが過ぎたため、レウベン・リブリン大統領は連立政権樹立の課題を別の議員に割り当てることができる。3月23日の選挙でネタニヤフ氏のリクードに次いで第2党になった中道政党イェシュアティドのヤイル・ラピド(57)になるとの見方が強い。

ネタニヤフ氏の右派連合とユダヤ教の宗教政党は過半数を得ることができなかったが、ネタニヤフ氏の追放を目指す陣営も同様で、右派のライバルと昔からの左派・中道派のライバルを含める必要がある。

両陣営は、イスラエルの約2割を占める少数派のアラブ人を代表する政党の支持を求めており、数十年ぶりに彼らに内閣への発言権を与える可能性がある。

超国家主義政党ヤミナの党首であるナフタリ・ベネット氏が実力者として浮上した。ベネット氏(49)はネタニヤフ首相との合流を希望しているが、イスラエルが、新型コロナウイルスワクチンの接種が迅速に行われた後、経済活動を再開し、イラン核計画の問題に取り組む中、5回目の選挙を避けるために首相のライバルたちとの連携を模索すると述べた。

ベネット氏とラピド氏が交互に首相を務める輪番制も幅広く議論されている。

こう着状態の多くは、ネタニヤフ氏の訴訟問題に起因する。協力者候補の中には、公判中の首相の下では働かないと公約する者もいる。

リブリン氏に指名された新たな候補者が28日以内に連立政権を樹立できなかった場合、大統領は3週間以内に候補者を承認するよう議会に求めることができる。それができなければ、イスラエルは再び選挙を行うことになる。

公共ラジオKANの政治記者であるYoav Krakovsky氏は、朝の番組で「我々は60%が再選挙に、40%が新政府に向かっている」と予測した。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top