Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国、停戦失敗とマアリブに対する攻勢でフーシ派を非難

米国、停戦失敗とマアリブに対する攻勢でフーシ派を非難

米国は金曜日、イエメンで停戦が成立しなかったことについて、フーシ派を非難した。(資料/AFP通信)
米国は金曜日、イエメンで停戦が成立しなかったことについて、フーシ派を非難した。(資料/AFP通信)
Short Url:
05 Jun 2021 03:06:29 GMT9
05 Jun 2021 03:06:29 GMT9

アラブニュース

  • レンダーキング氏はサウジアラビア、オマーン、UAE、ヨルダン歴訪から木曜日に帰国した
  • レンダーキング氏は政府関係者やイエメンの人々と、イエメンの人道的・経済的危機について話し合った

ジェッダ:米国は金曜日、イエメンで停戦が成立しなかったことに加え、残忍な紛争の終結に向けた他の措置をとらなかったとして、イランと協力関係にあるフーシ派を非難した。

国務省は、「イエメン国内には数多くの問題ある勢力が存在するが、フーシ派は停戦に向けた意味のある関与を行うことに加え、イエメンの人々に想像を絶する苦しみをもたらしている約7年間の紛争を解決するための措置をとることを拒否した。大きな責任を負っている」と述べた。

米国のイエメン特使ティム・レンダーキング氏はサウジアラビア、オマーン、UAE、ヨルダン歴訪から木曜日に帰国した。今回の訪問でレンダーキング氏は政府関係者、イエメンの人々、そして国際的パートナーと、イエメンの人道的・経済的危機について話し合った。国務省が声明で発表した。

先週、アラブ連合軍の防空部隊は、フーシ派がサウジアラビアに向けて発射した爆発物を搭載した無人機を迎撃した。この兵器化されたUAVは、イエメンとの国境沿いにあるサウジアラビア南部の都市、ハーミス・ムシャイトを標的としていた。

ジョー・バイデン米国大統領は1月の就任以来、イエメンを優先事項としており、停滞している国連の和平活動を復活させるためにレンダーキング氏を任命した。レンダーキング氏が先月訪問を終えて帰国した後、国務省は、フーシ派がマアリブを攻撃してイエメンの人道的危機を悪化させたと非難した。マアリブはイエメンの正当な政府にとって北部で最後の拠点となっている。

この状況は現在も変わっていない。

国務省は、「フーシ派はマアリブで壊滅的な攻撃を続けている。マアリブへの攻撃は国際社会から非難されており、フーシ派はますます孤立している」と述べた。

同省によると、レンダーキング氏は、イエメン国民による国の将来への議論を促進し、和平に向けた取り組みを拡大するための「包摂的プロセス」の強化についてイエメンの人々と話をしたという。

国連安全保障理事会は、戦争で荒廃したイエメン沿岸に係留されている石油タンカーを国連の専門家が調査することを速やかに許可するようフーシ派に要求した。このタンカーは100万バレル以上の原油を積載している。安保理は、タンカーが破断または爆発する危険性が高まっており、「イエメンと地域に環境的、経済的、海洋的、人道的な大惨事を引き起こす恐れがある」と警告した。

国連安全保障理事会は、石油タンカー「FSOセイファー」の専門的評価を遅らせた責任はフーシ派にあると繰り返し述べた。国連は同船の調査を3月に始めることを希望していた。

イエメンのムアンマル・アル・イリヤニ情報相は、国連とフーシ派の間でタンカーをめぐる交渉が失敗したことは、この問題をフーシ派が先延ばしにし、逃げ続けていることを考えれば、「驚くべきことではない」と述べた。

アル・イリヤニ情報相は、フーシ派はこの問題を交渉材料、脅迫の道具、そして災害の警告に耳を貸さず政治的利益を得るための企てとして利用していると述べた。

特に人気
オススメ

return to top