Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フーシ派のミサイルがマアリブ市のガソリンスタンドに命中し、民間人17人が死亡、数十人が負傷

フーシ派のミサイルがマアリブ市のガソリンスタンドに命中し、民間人17人が死亡、数十人が負傷

イランの支援を受ける武装勢力フーシ派は2月に、国際的に承認されたイエメン政府からマアリブを奪うために攻勢を開始した。(資料写真/ロイター)
イランの支援を受ける武装勢力フーシ派は2月に、国際的に承認されたイエメン政府からマアリブを奪うために攻勢を開始した。(資料写真/ロイター)
Short Url:
06 Jun 2021 04:06:16 GMT9
06 Jun 2021 04:06:16 GMT9
  • マアリブ市ローダ地区のガソリンスタンドを襲った攻撃で数十人が負傷した
  • イエメンの情報相は、武装勢力フーシ派を国際テロリストのリストに再び入れるよう呼び掛けた

アラブニュース

リヤド:イエメンの反政府勢力フーシ派が5日、弾道ミサイルを発射した。政府が統治する都市で、5歳の少女を含む、少なくとも17人が死亡した。

マアリブ県知事の報道官であるアリ・グリシ氏によると、ミサイルはイエメン中部マアリブ市のローダ地区にあるガソリンスタンドに命中した。

そのミサイル攻撃の直後、イランの支援を受けるフーシ派は、爆発物を積んだ無人機を発射した。無人機は、負傷者を病院に搬送するために駆けつけた救急車2台を破壊した。

今回の攻撃で数十人が負傷した、とグリシ氏は付け加えた。フーシ派からコメントはない。

「武装勢力フーシ派は、数十台の車が給油を待つガソリンスタンドを標的にした。大規模火災が発生し、少女を含む14人の民間人が死亡した」とサバ通信が最初に発表した。後に他の通信社が死者数を17人に訂正した。

イランの支援を受ける武装勢力フーシ派は2月に、国際的に承認されたイエメン政府から、石油・ガス資源の豊富なマアリブを奪うために攻撃を開始した。

攻撃は地域・国際的非難を引き起こした。2014年に紛争が開始して以来、マアリブは、戦闘から逃げてきた数千人の国内避難民の安全な避難場所としての役割を果たしてきたからだ。

イエメンのムアンマル・イリヤニ情報相は、ガソリンスタンドを標的とした攻撃と、その数分後の、被害者の救助に駆けつけた救急車2台を、偽装爆弾が仕掛けられた無人機を使って標的にした攻撃を強く非難した。

「この凶悪なテロ犯罪は、武装勢力フーシ派がマアリブ市の住宅地や民間の施設を継続的かつ意図的に標的にしていることの延長だ。軍事的激化も、マアリブ市を揺るがせようとする企ても失敗し、県内のさまざまな戦線で部隊や装備が消耗した後、最も多くの民間人を苦しめるのが目的だ」と同氏は声明で述べた。

同氏は国際社会、そして国連と米国の特使に対し、声を上げ、今回の攻撃を非難するよう呼び掛けた。今回の攻撃は「戦争犯罪と人道犯罪に相当する」と同氏は述べた。

同氏は武装勢力フーシ派を国際テロリストのリストに再び入れ、指導者らを戦争犯罪人として起訴するよう呼び掛けた。

今回の攻撃が行われたのは、ティム・レンダーキング米イエメン担当特使がフーシ派を、緊急に必要な停戦への努力を怠っていると非難した次の日だった。

フーシ派は、「イエメンの人々に想像を絶する苦しみをもたらした約7年の紛争を解決する」ために、意味のある関与をすること、措置を講じることを拒否したことに対して大きな責任がある、と同氏は述べた。

レンダーキング氏が発言したのは、イエメンに関係する外交上の任務でサウジアラビア、オマーン、UAE、ヨルダンを訪問し、帰国した後だった。

同氏は、フーシ派が石油資源が豊富なマアリブ県を再び攻撃したことも批判した。同県は、国際的に承認された政府が保有する、反フーシの拠点であり、イエメンのエネルギー供給に不可欠だ。

マアリブへの攻撃は、紛争終結に向けて国際・地域的な外交活動が行われる中、2月に始まった。攻撃によってフーシ派は「ますます孤立している」とレンダーキング氏は述べた。

レンダーキング氏は国連のマーティン・グリフィス・イエメン担当特使とともに、取り組みを綿密に調整した、と国務省は発表した。グリフィス氏は先週、フーシ派の指導者であるアブデルマリク・アル・フーシ氏とテレビ会議を行った。

グリフィス氏は、停戦に向けた努力が頓挫していることへの不満を示した。同氏は双方に対して、国連和平案への「多くの地域・国際的支持」を得るよう求めた。

レンダーキング氏がフーシ派を非難したのは、国連安全保障理事会がフーシ派を、100万バレル以上の原油を積み、イエメン沖の紅海に停泊している石油貯蔵船の状況評価を遅らせたことで批判したからだ。

一方、オマーンの代表団は、和平プロセスの進展を目指してフーシ派の指導者らと会談するためにサヌアに到着した。

代表団はオマーンの軍用機に乗って到着した。代表団は、マアリブへの攻撃を中止し、マスカットで交渉のテーブルに戻るよう、フーシ派の指導者ら説得しようとするだろう、とオマーン高官は述べた。

(AFP、APとともに)

特に人気
オススメ

return to top