Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメン政府、マアリブ県で新たな戦果を挙げる

イエメン政府、マアリブ県で新たな戦果を挙げる

2021年3月28日、イエメンのマアリブで、フーシ派の陣地に向けて車載武器を発射する親イエメン政府派の戦闘員。(ロイター通信)
2021年3月28日、イエメンのマアリブで、フーシ派の陣地に向けて車載武器を発射する親イエメン政府派の戦闘員。(ロイター通信)
Short Url:
16 Jul 2021 03:07:45 GMT9
16 Jul 2021 03:07:45 GMT9
  • アブドル・アブドラ・マジリ准将によると、政府軍はフーシ派との激しい衝突の後、ラハバ地区の中心部を制圧した
  • アラブ連合軍からの大規模な航空支援に支えられ、イエメン軍と部族民はマアリブで防御戦術と消耗戦術を展開し、フーシ派の大規模な攻勢を撃退してきた

サイード・アル・バタティ

アレクサンドリア:イエメン軍と地元の部族民は、中部マアリブ県の重要な地区の拠点を制圧し、この地域で数年ぶりに大きな成果を上げた。軍の報道官が木曜日に発表した。

アブドル・アブドラ・マジリ准将によると、政府軍はフーシ派との激しい衝突の後、ラハバ地区の中心部を制圧し、フーシ派は隣接する地域に撤退した。マジリ准将は、今回のマアリブでの衝突で、軍は数十人の反政府勢力の戦闘員を殺傷・捕縛したと付け加えた。

「我々がラハバ地区を完全に掌握するまで戦闘は続くだろう」

数十人の戦闘員が政府機関の入る建物に突入した直後、水曜日の午後に地元の部族が最初にラハバの解放を発表した。

目撃者によると、戦闘員らはこの建物の外で写真を撮り、その他の武装した男らはフーシ派が放棄した武器や車両を回収したという。

アラブ連合軍からの大規模な航空支援に支えられ、イエメン軍と部族民は今年からマアリブで防御戦術と消耗戦術を展開し、石油資源の豊富なマアリブ市に対するフーシ派の大規模な攻勢を撃退してきた。

数千人が戦闘で死亡しており、フーシ派はマアリブに向けて大きな前進をすることができていない。

地元の軍関係者や専門家によると、ラハバを解放することで、軍はサヌア県に近づき、隣接するアル・バイダに増援を送ることができるようになるという。

サヌアとマアリブを結ぶ重要な道路沿いに駐留するフーシ派をラハバから追い出せば、軍はマアリブのセルワ地区にいるフーシ派戦闘員への補給路を断つことができる。

木曜日に地元メディアが報じたところによると、フーシ派は近くに部隊を集結させ、ラハバやジャバル・ムラド地区にある他の開放された地域を奪還するための反撃の準備を行っていた。

マジリ准将によると、政府軍はマアリブの西にあるアル・マシュジャとアル・カサラにおいて、フーシ派が軍の防御を崩そうとする中、幾度もの攻撃を撃退したという。マジリ准将は、アラブ連合軍の戦闘機が数十人のフーシ派戦闘員を殺害し、軍用車両や武器を破壊したとして称賛した。

専門家は、軍は今後、マアリブの解放された地域をフーシ派の予想される反撃から守ることに加え、新たな地域に進軍する代わりに、地雷を除去することに集中すべきだと指摘している。

アル・バイダでは、フーシ派が短時間の反撃でアル・ザヘル地区を奪還し、軍は大きな敗北を喫した。

特に人気
オススメ

return to top