Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国連:エチオピアのティグレ、10万人の子供たちが飢餓に直面

国連:エチオピアのティグレ、10万人の子供たちが飢餓に直面

エチオピアのティグレ地方、フメラの南東50キロにあるベーカー村の近くで、若者が、アムハラ州政府が手配した食糧配給を手伝っている。(AFP)
エチオピアのティグレ地方、フメラの南東50キロにあるベーカー村の近くで、若者が、アムハラ州政府が手配した食糧配給を手伝っている。(AFP)
Short Url:
31 Jul 2021 04:07:38 GMT9
31 Jul 2021 04:07:38 GMT9
  • 子供たちの健康や福祉について我々が一番恐れていたことが……現実になってしまっている

アディスアベバ:エチオピア北部ティグレ地方に住む10万人以上の子供たちが、12カ月以内に生命を脅かす栄養失調に陥る可能性がある。これはいつもの10倍だ。国連児童基金(UNICEF)が30日、発表した。

ユニセフの広報担当者であるマリクシー・メルカド氏は、ティグレで検査を受けた妊娠中、授乳中の女性の2人に1人が急性栄養失調に陥っていると述べた。

「子供たちの健康や福祉について我々が一番恐れていたことが……現実になってしまっている」と同氏はジュネーブで開かれた状況説明会で述べた。

首相報道官と、ティグレに関する政府タスクフォースの報道官は、ユニセフの声明に対するコメントを求める要求にすぐには応じなかった。ティグレでは11月以降、反乱を起こした州政府与党と連邦政府軍の間で戦闘が続いている。

最も苦しんでいるのは、生後20カ月のアーマニュエル・メルハウィちゃんのような赤ちゃんだ。彼の体重は標準体重の3分の1以下だ。熱で苦しむ彼の目は光っていて、苦しそうに息をするときにはあばら骨が見えていて、鼻腔チューブを通して与えられた補助食品を吐いていた。いずれも深刻な栄養失調の兆候だ。

彼の母親であるブルクティ・ゲブレヒウォトさんは7月11日、ティグレ北部のウクロ総合病院でロイター通信に対し、「ミルクがなくなりました」と話した。

援助機関によると、毎月4000人の極度の栄養失調児の治療に使われている調合乳が底を突きかけているという。

ウクロ病院では2月以降、少なくとも3人の子供が亡くなっている、と看護師のツェハイネシュ・ゲブレヒウォトさんは話した。

彼女は医療記録を提供してくれた。生後4ヶ月のアウェト・ゲブレシラシエちゃんは2.6キログラムで標準体重の3分の1、1歳のロベル・ゲブレズギヘルちゃんは2キログラムで標準体重の4分の1以下、同じく1歳のキサネト・ホグスちゃんは5キログラムで標準体重の半分強だった。

全員、入院して数日で亡くなった。

もっと北にあるアディグラト総合病院でロイター通信が見た医療記録は、さらに3人の栄養失調児が死亡したことを確認していた。

2つの病院の医師らは、11月に紛争が勃発する前は極度の栄養失調児を月に4~10人診ていたと話した。今ではその数は2倍以上に増えている。国連によると、ティグレでは約40万人が飢餓状態にあり、住民の9割以上が緊急食糧援助を必要としている。

エチオピア政府は29日夜に発表した声明の中で、ティグレの地方勢力が援助を妨害していると非難し、ティグレに予備の小麦を備蓄していると発表した。

備蓄している場所や配給計画の詳細は明らかにしなかった。

ティグレ人民解放戦線(TPLF)はコメントを出さなかったが、以前に援助を歓迎すると発表している。国連によると、ティグレは大規模の飢餓を防ぐために1日にトラック100台分の食料を必要としているが、この1カ月でトラック50台が通過したのは1回だけだ。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top