Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レンダーキング米国イエメン担当特使が支援国に対し、拠出の「拡大」を求める

レンダーキング米国イエメン担当特使が支援国に対し、拠出の「拡大」を求める

イエメン系アメリカ人コミュニティの人たちとの面会でミシガン州を訪問する中、現地のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューに答えるティム・レンダーキング米国イエメン担当特使。(スクリーンショット/ツイッター/@StateDept_NEA)
イエメン系アメリカ人コミュニティの人たちとの面会でミシガン州を訪問する中、現地のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューに答えるティム・レンダーキング米国イエメン担当特使。(スクリーンショット/ツイッター/@StateDept_NEA)
イエメン系アメリカ人コミュニティの人たちとの面会でミシガン州を訪問する中、現地のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューに答えるティム・レンダーキング米国イエメン担当特使。(スクリーンショット/ツイッター/@StateDept_NEA)
イエメン系アメリカ人コミュニティの人たちとの面会でミシガン州を訪問する中、現地のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューに答えるティム・レンダーキング米国イエメン担当特使。(スクリーンショット/ツイッター/@StateDept_NEA)
Short Url:
19 Aug 2021 04:08:50 GMT9
19 Aug 2021 04:08:50 GMT9
  • ティム・レンダーキング氏は、新型コロナウイルスがイエメンで深刻な問題となっており、既存の他の人道的課題をさらに悪化させていると語った
  • 「我々の関心事は、アルカイダとダーイシュがイエメン国内で足場を固め直さないようにすること」と、同特使がミシガン州のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューの中で語った

サラ・グラブ

ロンドン:米国のイエメン特使は、9月にニューヨークで開催されるバイデン政権主催の誓約会議で拠出を「拡大」するよう、支援国に呼びかけた。

「国連は、このままでは飢えてしまう人々への食糧供給、衛生管理、流通網の改善、港の修復など、イエメン国内に本当に変化をもたらせるプログラムを実施するために、常に財政的支援を必要としていますが、これらの多くは国際的な資金で賄われているため、その資金を増やさなければなりません」と、ティム・レンダーキング氏がイエメニ・アメリカン・ニュースのインタビューの中で述べた。

同氏は、紛争が始まって以来、アメリカは36億ドル以上の資金を提供してきたと述べた。米国国際開発庁(USAID)は先週、1億6500万ドルの追加人道支援を発表した。

「必要な金額と比べれば少額ですが、これは力を合わせての取り組みになりますから、他の国々にも拡大していただく必要があります」と、ミシガン州を訪問中のレンダーキング氏が述べた。現地で同氏は、イエメン系アメリカ人コミュニティの人々とも面会した。

イエメン系アメリカ人コミュニティの人たちとの面会でミシガン州を訪問する中、現地のイエメニ・アメリカン・ニュースとのインタビューに答えるティム・レンダーキング米国イエメン担当特使。(スクリーンショット/ツイッター/@StateDept_NEA)

追加援助の大部分は、イエメンの人々を即時に救援するため、世界食糧計画に渡ることになるが、一部は新型コロナウイルスの救援にも使われる予定だ。

「新型コロナウイルスはイエメンで深刻な問題となっています…過少報告が生じており、イエメンの当局が対処する必要があります。これは深刻な問題であって、既存の他の人道的課題をさらに悪化させるだけです」と、レンダーキング氏は述べた。

同氏はまた、その資金のほとんどは、イエメン政府やイランが支援するフーシ派民兵には渡っていないものの、「フーシ派が支配するイエメンの激しい戦闘が行われている地域」で展開するプログラムやNGOを支援していると述べ、次のように付け加えた:「これは政治的な話にすべきではありません、支援を必要としている人々を助けることになるお金の話です」。

米国は、テロ組織に指定されている者を除き、イエメンのいかなる当事者に対しても対話の扉を開いていると、レンダーキング氏は述べた。

「我々の関心事は、アルカイダ(とダーイシュ)がイエメン国内で足場を固め直したり、その存在感を拡大したりしないようにすることであり、外部勢力が内戦を悪化・拡大させる役割を果たさないようにすることにあります」。

「また、イランがこの紛争で果たしている非常にネガティブな役割についても言及できるでしょう」と、同氏は述べた。「これは、イランが紛争を煽るのではなく、イエメンに建設的な形で関わることで、この地域と世界に対して新しい顔を示すことができる絶好の機会なのです」。

レンダーキング氏は、米国の政権が主に取り組んでいることは、「イエメンで和平が可能であるという認識」を作り出そうとしていることだと述べた。「政権の主要目的である戦争の終結以外にも、米国政府はイエメン国民の生活を向上させるために、人道支援や全国的な停戦の実施、港や空港の再開、残りの制限の解除などにも注力していると、同氏は付け加えた。

「状況が切迫しており、毎日人々が死んでいることはわかっています。悲劇的な状況です」と同氏は述べ、2月にジョー・バイデン米国大統領から特使に任命され、イエメンが外交政策上の優先事項であると大統領が発表したことは「大きかった」と付け加えた。

これ以降、イエメン危機では気運が高まっており、「1月以前にはなかった、戦争を終結させる緊急性に関して、国際的なコンセンサスが得られている」と、同氏は述べた。

国連の和平計画には大きな進展があり、国連のハンス・グルンドベリ新イエメン担当特使の任命が気運をさらに高めるだろうと、同氏は語った。

「我々は自分たちの持つ影響力を発揮しようとしており、事を前に進める当事者に対して我々がさらに圧力を掛けているのがわかるでしょう。それが、紛争の国際的解決を促すことにつながるのです」と、同氏は述べた。

米国はイエメンがアラビア半島の一部として完全に機能し、地域に安定性をもたらす国に戻ることを望んでいると、同氏は述べ、近い将来、米国がサヌアの大使館を再開できるようになることへの希望を表明した。また、米国は、人々がイエメンを戦争と結びつけることなく、その豊かな文化や遺産、美しさからこの国を評価するようになることを望んでいると、同氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top