Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • フーシ派、乗っ取られたUAE船籍の船舶の解放を求める国連の要求を拒否

フーシ派、乗っ取られたUAE船籍の船舶の解放を求める国連の要求を拒否

2022年1月3日、親フーシ派のアル・マシラTVが放送した映像から切り出したこの画像には、紅海で拿捕されたUAE船籍の船舶「ラワビ号」について記者会見するフーシ派のヤヒア・サレー軍報道官が写っている。(資料/AFP通信)
2022年1月3日、親フーシ派のアル・マシラTVが放送した映像から切り出したこの画像には、紅海で拿捕されたUAE船籍の船舶「ラワビ号」について記者会見するフーシ派のヤヒア・サレー軍報道官が写っている。(資料/AFP通信)
Short Url:
16 Jan 2022 12:01:24 GMT9
16 Jan 2022 12:01:24 GMT9
  • フーシ派はイエメンのソコトラ島からジーザーンに医療物資を運んでいた船を拿捕した
  • アラブ連合軍は過去24時間に実施した60回の空爆で少なくとも345人のフーシ派を殺害し、37台の車両を破壊したと発表した

サイード・アル・バタティ

アル・ムッカラー:フーシ派は15日、乗っ取られたUAE船籍の船舶の解放を国連安保理が要求したことを非難した。

フーシ派のフセイン・アル・アジ・フーシ氏は船の解放を求める国連の要求を拒否し、同船が連合軍のために武器を運んでいたという主張を繰り返した。

アル・アジ・フーシ氏は、「この船はナツメヤシの実や子どものおもちゃではなく、武器を積んでいた」とツイートし、国連が「世論を誘導している」と非難した。

フーシ派は1月3日、イエメンの離島ソコトラ島からサウジアラビアのジーザーン港に医療物資を運んでいた同船を拿捕した。 

フーシ派が国連の要求に反発する一方、連合軍の航空支援を受けた政府軍は14日と15日にマアリブ市の南と西で新たに山岳地帯を制圧した。

イエメン国防省と地元メディアの報道によると、マアリブの南に位置するハレブ地区で戦うフーシ派の拠点に対する攻撃が強化された。

イエメン軍はまた、ジュバ地区のアル・バラク・アル・シャルキ山脈を中心に、フーシ派の支配地域に10km近く進入した。

石油資源の豊富なシャブワ県の3地区を政府軍が制圧し、その後ハレブ地区に進軍するなど、フーシ派は今年に入ってから大規模な軍事的後退を余儀なくされている。

連合軍は15日、マアリブとアル・バイダを結び、ハレブ、バイハン、オウセランの各地区を通る幹線道路を車で走行しないようイエメンの人々に呼びかけた。地上で戦闘が行われ、連合軍による空爆が実施される中、連合軍はこれらの地域を「軍事作戦の対象地域」と宣言した。

連合軍はまた、アル・バイダ県とマアリブ県で過去24時間に60回の空爆を実施したと発表した。空爆で少なくとも345人のフーシ派が死亡し、車両37台が破壊されたという。

地雷や不発弾の犠牲者を記録する「イエメン地雷記録」は14日、シャブワ県とマアリブ県でフーシ派の地雷により政府軍兵士と民間人に今月に入ってから38人の死亡者が出たと発表した。

地雷の専門家、ムサ・アブドゥラー・アル・ハレシ氏は15日、オウセラン地区でフーシ派が仕掛けた装置を解除していた際に死亡した。イエメン地雷記録はまた、ホデイダ県南部のアル・コカで地雷が爆発し、子ども2人が死亡したと発表した。

特に人気
オススメ

return to top