Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • YSLとバレンシアガ、手術用マスクの生産でCOVID-19との闘いを支援

YSLとバレンシアガ、手術用マスクの生産でCOVID-19との闘いを支援

25 Mar 2020
高級ブランドのYSLとバレンシアガが、COVID-19との闘いを支援するため、フランスの医療機関向けに手術用マスクを生産する。 (AFP)
高級ブランドのYSLとバレンシアガが、COVID-19との闘いを支援するため、フランスの医療機関向けに手術用マスクを生産する。 (AFP)
Short Url:
Updated 25 Mar 2020
25 Mar 2020

アラブニュース・ジャパン

高級ブランドのイヴ・サンローランとバレンシアガが、新型コロナウイルス(COVID-19)との闘いの最前線にいる医療関係者に提供するため、自社工場で高級服の代わりに手術用マスクの生産を開始する。

両ファッションブランドの親会社であるケリング・グループの声明によると、「COVID-19との闘いに貢献する」 ため、フランスの医療機関が中国から輸入したマスク300万個を購入するという。

またBBCニュースによると、ケリング・グループは生物医学研究を行うパスツール研究所に対する寄付も約束したという。

パリを拠点とする同社は次のように語っている。「ケリングブランドのバレンシアガとイヴ・サンローランのフランス工場は、医療従事者を守るためのもっとも厳しいレベルの健康保護対策に適合する形で、マスクの生産を開始する準備を進めています。マスクの生産は、生産工程と素材が関連当局に承認され次第開始します」

フランスにおける3月25日時点の新型コロナウイルス症例数は2万2635件である。

Most Popular
Recommended

return to top