Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トルコのエルドアン大統領、「有害」なコンテンツを扱うメディアには報復すると脅す

トルコのエルドアン大統領、「有害」なコンテンツを扱うメディアには報復すると脅す

2021年10月31日、ローマで開催されたG20サミットのメディア会見で発言するトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。(AP)
2021年10月31日、ローマで開催されたG20サミットのメディア会見で発言するトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。(AP)
Short Url:
30 Jan 2022 10:01:02 GMT9
30 Jan 2022 10:01:02 GMT9
  • エルドアン大統領は、高金利がインフレの原因になると、従来の経済学の考え方とは正反対のことを主張

アンカラ:土曜日、トルコのエルドアン大統領は国内メディアに対し、国の基本的価値観を損なうコンテンツを発信した場合は報復すると脅した。これは、報道分野におけるさらなる検閲の前兆かもしれない。

官報に掲載された通知の中でエルドアン大統領は、トルコの「国民文化」を保護し、「文字、音声、映像のあらゆるメディアにおける有害なコンテンツにさらされた結果、子供たちの成長に悪影響が及ぶこと」を防ぐための措置が必要だと述べた。

大統領は、そのようなコンテンツが何であるかは明らかにしていないが、「国家的・道徳的価値を損ない、家族や社会構造を崩壊させることを目的とした、メディアを通じた公然または隠然とした活動」に対しては、法的措置が取られると述べた。

エルドアン大統領は20年近く政権を維持しており、自身が率いる公正発展党(AKP)が信奉するイスラムの価値観から外れたメディアコンテンツをしばしば批判してきた。

トルコでは近年、メディアに対する監視体制を強化しており、主要メディアの約90%が国または政府に近い組織によって所有されている。

欧米の同盟国や批評家たちは、エルドアン氏が2016年に起こったクーデター未遂事件を利用して反対意見を封じ込め、社会的権利や寛容さを侵食していると指摘している。

政府はこの指摘を否定し、今回の措置はトルコが直面する深刻な脅威に対処するために必要であり、かつて強い世俗主義体制を保っていたこの共和国で、宗教的表現の自由が回復したと述べている。

メディア規制監督機関の「ラジオ・テレビ高等機構(RTUK)」は、すべてのオンラインコンテンツを包括的に監視し、削除する権限を持っている。

RTUKは、トルコの価値観に反すると判断した「性的」とされるミュージックビデオや、大統領を侮辱していると判断したコンテンツについて、テレビ局に罰金を科している。

後者に関する法律では、何万人もの人々が起訴されている。その中には、先週、エルドアン大統領の宮殿に関する風刺を彼女自身のTwitterアカウントに投稿し、それを野党のテレビチャンネルでも言及したことで、裁判を待つ状態で投獄されている有名ジャーナリスト、セデフ・カバス氏も含まれている。

また、土曜日に発表された政令によると、昨年のインフレ率が36.1%19年ぶりの高水準に達したというデータが発表された後、エルドアン大統領は国家統計機関のトップを解任した。

このサイト・エアダル・ディンサー氏の解任劇は、2019年7月以降、3人の中央銀行金融政策委員会メンバーを解任しているエルドアン氏による一連の経済的解雇の最新例にすぎない。

エルドアン大統領は、同氏がインフレの原因になると考える高金利を猛烈に非難しているが、これは従来の経済思想とは正反対のものだ。ディンサー氏が発表した2021年のインフレ率の数字は、親政府派と野党派の両方を怒らせた。

野党側は、この数字は過小に報告されているとし、実際の生活費の上昇は少なくとも2倍以上であると主張した。

一方、エルドアン大統領は、トルコ経済の不振を誇張していると思われるデータを発表したとして、統計局を私的に批判したと報じられている。そしてディンサー氏は、自分の運命を感じていたように思われる。

彼は今月初め、経済紙「ドゥニャ」のインタビューで、「私は今このオフィスに座っていますが、明日には別の人が座っているでしょう」と語った。

「誰がトップであろうと関係ありません。何百人もの私の同僚が、自分たちが導き出した数字とは全く異なるインフレ率が発表されることに我慢したり、黙っていたりすることができると想像できるでしょうか」

「私には、8,400万人の人々に対する責任があるのです」と彼は語った。

エルドアン大統領は、トルコの銀行規制機関の副会長を務めたエルハン・チェティンカヤ氏を新たに国家統計局長に任命したことについては説明しなかった。

投資運用会社ブルーベイ・アセット・マネジメントのティモシー・アッシュ氏は、顧客への報告で次のように述べている。「このことは、経済政策の方向性に関する大きな懸念に加えて、データの信頼性に対する懸念をさらに高めることになるでしょう」

統計局は2月3日に1月のインフレ率を発表する予定である。12月には、野党党首のケマル・クルチダルオール氏がアンカラの統計局本部に入ろうとしたところ、ディンサー氏との面会を拒否され、警備員に追い返されている。

同氏は、統計局が政府の政策の影響を隠すために数字を「捏造」していると非難し、エルドアン氏の大統領官邸になぞらえて「もはや国家機関ではなく宮殿機関だ」と非難した。

また、エルドアン大統領は土曜日に、新しい司法大臣として、与党のベテラン議員アブドゥルハミト・グル氏に変わり、ベキル・ボズダグ前副首相を任命した。

グル氏はツイッターに、「2017年7月19日から務めてきた法務省の職務を辞任しました」と投稿した。

「私の要請を受け入れてくれたことに……感謝の意を表したいと思います」と付け加え、自分の決断については説明していない。

与党である公正発展党を離党し、民主主義進歩党(DEVA)を設立した元副首相のアリ・ババジャン氏は、ツイッターでこの交代劇に対する怒りを露わにした。

「司法大臣は交代し、統計局TUIKの会長はインフレ率のデータが発表される前に解任された。理由は誰にもわからない」

ロイター/AFP

特に人気
オススメ

return to top