Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • エジプト:短期的にも中期的にも小麦追加輸入は不要

エジプト:短期的にも中期的にも小麦追加輸入は不要

昨年は、エジプトの小麦輸入の8割以上を欧州の同2カ国が占めた。(ファイル/Shutter)
昨年は、エジプトの小麦輸入の8割以上を欧州の同2カ国が占めた。(ファイル/Shutter)
Short Url:
09 Mar 2022 10:03:21 GMT9
09 Mar 2022 10:03:21 GMT9
  • 政府はロシアとウクライナの紛争を含む世界情勢を「注視している」、と首相
  • 昨年は、エジプトの小麦輸入の8割以上を欧州の同2カ国が占めた

モハメド・アブ・ザイド

カイロ:エジプトのアリ・アル・モセルヒ供給大臣は、国内市場における基礎物資の供給について確認するためのモスタファ・マドゥーリー首相との会談で、短期的にも中期的にも小麦の追加輸入は不要である、と述べた。

マドゥーリー首相は、政府は基礎物資、特に小麦の戦略的備蓄を継続的に提供するための取り組みを強化していると述べた。

「我々は、4月中に小麦を供給する農家への支払いを迅速に行うために必要な資金を供給省に提供し、この点について必要なインセンティブを農家に与えている」と彼は付け加えた。

「政府は…世界レベルの現在の動向と、ロシア・ウクライナ危機とその影響によって起こっている混乱…特に多くの商品の不足と世界的な価格上昇を注視している」

昨年は、エジプトの小麦輸入のうち、ロシアが69.4%、ウクライナが10.7%を占めていた。

ムハンマド・マーイト財務大臣は以前、世界市場での小麦価格の上昇は、エジプトの同商品の輸入コストの上昇につながると述べていた。

内閣報道官のナダル・サアド氏は、エジプトはロシアやウクライナの代わりに他の地域から小麦を輸入する計画に取り組んでいると述べた。エジプトは小麦の供給元として14カ国を承認しており、そのうちのいくつかはヨーロッパ以外の地域であると、同氏は付け加えた。

「エジプトには500万トン近い小麦の戦略的備蓄がサイロや製粉所にあり、また、4月15日からは国内の小麦がそれに加わることで、9ヶ月分の備蓄に十分な量になる」とサアド氏は述べた。

エジプトは世界最大の小麦輸入国だ。政府は、国内生産の増加により、小麦の輸入量は2021年の550万トンから今年は530万トンまで減少すると予想している。

特に人気
オススメ

return to top