Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 平和の促進目指すネゲブ・サミット:エジプト

平和の促進目指すネゲブ・サミット:エジプト

ネゲブ・サミットでアブドゥルラティーフ・ビン・ラーシド・アル・ザヤーニ・バーレーン外相の隣で発言するサーメハ・シュクリ・エジプト外相(2022年3月28日、イスラエルのスデボケルで)。(ロイター)
ネゲブ・サミットでアブドゥルラティーフ・ビン・ラーシド・アル・ザヤーニ・バーレーン外相の隣で発言するサーメハ・シュクリ・エジプト外相(2022年3月28日、イスラエルのスデボケルで)。(ロイター)
Short Url:
29 Mar 2022 11:03:46 GMT9
29 Mar 2022 11:03:46 GMT9

モハメド・アブ・ザイド

  • 外相:「パレスチナとイスラエルの交渉再開に関して、有意義な議論がなされた」
  • サミットにはイスラエル、米国、アラブ諸国の外相らが出席した

カイロ:サーメハ・シュクリ・エジプト外相は、月曜日のナゲブ・サミットへの同国の参加は「(イスラエル・パレスチナ)和平プロセスの強化」を目的としたものであると述べた。

イスラエル主催で行われた今回のサミットには、米国、UAE、バーレーン、エジプト、モロッコの外相らが参加した。

シュクリ氏は「パレスチナ・イスラエル間の交渉再開に関して、有意義な議論が交わされ……我が国は、平和を強固にし、我々の見解を示し、和平実現への努力を継続するよう求めるために本サミットに参加した」と述べた。

「我々の地域は、テロリズムや過激派に関連するいくつかの課題に直面しており、我々は安定の実現に向けて協力している」

同氏は、43年前にエジプトとイスラエルが締結した平和条約について「実り多い」ものだとして、「地域の安定の重要性を示している」と述べた。

シュクリ氏は、「1967年の境界に基づくイスラエルとパレスチナの二国家解決案の重要性」を強調した。

特に人気
オススメ

return to top