Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ロシアがソ連の第二次世界大戦勝利を記念する中、ウクライナは激しい戦闘を報告

ロシアがソ連の第二次世界大戦勝利を記念する中、ウクライナは激しい戦闘を報告

ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
ロシアのプーチン大統領は、ドンバスのボランティアは祖国のために戦っていると述べた。(AFP)
Short Url:
10 May 2022 11:05:29 GMT9
10 May 2022 11:05:29 GMT9
  • プーチン大統領は、ソビエト連邦が第二次世界大戦でナチス・ドイツに勝利した記念日を祝い、兵士らに対し、軍は祖国のために戦っていると語った。
  • ウクライナ当局によると、同国東部で激しい戦闘が行われていたという。

キーウ・ザポリツィア:ウクライナ当局によると、月曜日、プーチン大統領がモスクワで軍事パレードを行う中、ロシア軍がウクライナの戦略的要衝マリウポリにあるアゾフスタル製鉄所を襲撃し、他の地域でもミサイル攻撃を活発化させたとのことだ。

プーチン大統領は、第二次世界大戦でソ連がナチス・ドイツに勝利した記念日を祝い、兵士らに対し、軍は祖国のために戦っていると語った。しかし、開始から11週目に入ったウクライナへの攻撃がいつまで続くのか、どのように終わるのかは明言しなかった。

アゾフスタル製鉄所は建物と地下トンネルからなる広大な複合施設で、マリウポリにいるウクライナ軍にとっては最後の砦である。アゾフスタルを占領すれば、ウクライナ南部と東部のロシア支配地域がつながり、アゾフ海からウクライナを切り離すことができる。

プーチン大統領はすでにマリウポリでの勝利を宣言している。多くのロシア人の命が命を落とし、経済的に孤立することとなった今回の軍事侵攻75日目にして、この製鉄所の制圧は象徴的な成果となったが、いずれの主要都市も占領には至らなかった。

プーチン大統領は国防相に、ロシア人の犠牲を出さないためにアゾフスタルを襲撃しないよう指示したが、ウクライナ国防省は月曜日、戦車と大砲を備えたロシア軍が「襲撃作戦」を実施中だと発表した。

ロシアは、「民間人も避難している同施設を襲撃した」というこれまでのウクライナ側の主張を否定している。

ウクライナ当局によると、同国東部で激しい戦闘が行われており、ロシアが支配するクリミア半島から発射された高精度ミサイル「オー二クス」4発が、ウクライナ南西部のオデッサ地区を直撃したという。同じく南西部にあるミコライフの知事は、夜間の攻撃は非常に激しいものだったと述べた。

テレビがハッキングされる

モスクワの赤の広場で軍隊と戦車がパレードを行う直前、ロシアの衛星テレビのメニューが、ウクライナでの戦争を非難するメッセージをモスクワの視聴者に訴えるものへと書き換えられた。

「テレビも当局も嘘をついている。戦争反対」。ロイターが入手したスクリーンショットは、消える前に表示されていたものだ。

ロシア軍は2月24日にウクライナに侵攻して以来、村や町、都市を壊滅させ、600万人近いウクライナ人が避難を余儀なくされた。

プーチン大統領は演説で、ロシアの「特別軍事作戦」は、NATOが後ろ盾する土地の侵略計画に対する、純粋に防衛を目的とした、やむを得ない措置であると述べた。クリミアを含むそれらの土地は、歴史的にロシアのものであると主張している。

「ロシアは侵略者を予防的に撃退した」とプーチン大統領は語り、クリミアとウクライナのドンバス地方を攻撃するための「公然の準備」と称するものの証拠を示すことはなかった。

2014年、ロシアの支援を受けた分離主義者がウクライナ東部のドンバスの一部を占拠し、ロシアは同年、ウクライナからクリミアを併合した。そしてロシアは昨年、キーウと西側同盟国が「全くの事実無根」とする全面的な侵攻に先立ち、ウクライナ周辺に軍を集結させた。

「NATO諸国はロシアを攻撃するつもりはなかった。ウクライナはクリミアを攻撃するつもりはなかった」と、ウクライナ大統領上級顧問のミハイロ・ポドリャク氏は、プーチン大統領の発言後に述べた。

プーチンはマリウポリの血みどろの戦いには言及しなかった。アゾフスタル工場の廃墟に立てこもるウクライナ軍兵士の一人は、負傷した兵士の避難を援助するよう国際社会に懇願していた。

スヴャトスラフ・パラマール大尉は、「我々は、ロシア占領軍を撃退するために、生きている限り戦い続ける」と語った。

「シェルターで待機」

ウクライナのハンナ・マリヤー国防副大臣は、ロシア軍は現在、状況が「困難」なウクライナ東部に進出しようとしているが、地元当局者がロシアの激しい砲撃を報告したハリコフ市からは撤退したと述べた。

ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、土曜日にウクライナ東部の学校に対するロシアの爆撃で、数十人の死者が出たことを明らかにした。「約60人が殺された。民間人は、砲撃から逃れるために学校に隠れていただけだった」と彼は言った。

民間人を標的にしないとしているロシア側からは何の反応もなかった。

ハリコフではさらに3人、ルハンシクでは3人の民間人が死亡したと、ルハンシクのセルヒイ・ガイダイ知事は述べた。この報道についてはすぐに事実確認をすることはできなかった。

「現在、敵が何を考えており、どんな恐ろしいことをされるかわからないため、できるだけ通りに出ず、避難所にいてほしい」と月曜日に述べた。

ゼレンスキー大統領は、ウクライナはロシアに勝ち、領土を譲ることはないと述べた。

「自由な国民を支配できる侵略者はいない。遅かれ早かれ、我々は勝つだろう」と夜間の演説で語った。

プーチン大統領はこの戦争を、「ナチス」に影響されたウクライナの危険な民族主義者との戦いであるとしたが、キーウと同盟国はこの主張がナンセンスであると主張した。またプーチン大統領は、1941年にアドルフ・ヒトラーが侵攻した際にソ連が直面した困難と結び付けている。

「すべての計画は達成されつつある。結果は間違いなく達成される」と、パレード後のプーチンの発言が引用された。

英国のベン・ウォレス国防相は、プーチンと側近の将軍らは、ナチス・ドイツのファシズムと専制政治を反映しており、先祖の誇りある歴史を汚していると述べた。

迫りくる新たな制裁措置

ロシアは2月24日の侵攻以来、さらに厳しい制裁を受けている。貿易には大きな影響が出ており、資産は差し押さえられている。ドイツ政府関係者は、新たな措置(ロシア産石油の禁輸を含むと予想される)について、欧州連合(EU)加盟国による合意は間近だと述べた。

EUの外交政策責任者はファイナンシャル・タイムズ紙に対し、「EUは凍結したロシアの外貨を、終戦後のウクライナ再建の費用に充てることも検討すべき」と述べた。

マリウポリの北西約230キロにあるウクライナ領のザポリジャー市では、ロシアの砲撃を懸念して、月曜日に終日外出禁止令が発令された。

マリウポリや近隣の占領地域から逃れた数十人の人々が、避難民としての登録を受けるために待機していた。

歴史の教員であるビクトリア・アンドレーエワさん(46)は、「マリウポリには、避難したくてもできない人々がまだ大勢いる」と語った。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top