Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アル・アクサ敷地内の主権に関するイスラエル首相の発言に対する怒り

アル・アクサ敷地内の主権に関するイスラエル首相の発言に対する怒り

2022年5月9日、エルサレムのクネセト(国会)でヨアズ・ヘンデル通信大臣と話すイスラエルのナフタリ・ベネット首相。(AP Photo)
2022年5月9日、エルサレムのクネセト(国会)でヨアズ・ヘンデル通信大臣と話すイスラエルのナフタリ・ベネット首相。(AP Photo)
Short Url:
10 May 2022 11:05:13 GMT9
10 May 2022 11:05:13 GMT9
  • ヨルダンの国会議員によると、「占領権力が無防備なパレスチナ人に対しテロと犯罪を実行している」
  • ヨルダン人ワクフ評議会は「強化され、拡大され、権限を与えられるべきである」と平和活動家は語る

モハメド・ナジブ

ラマッラー:イスラエルのナフタリ・ベネット首相は、8日に発表した声明の中でアル・アクサモスクの事務管理に対する外部からの干渉を拒否したため、ヨルダン人とパレスチナ人の激しい怒りをかき立てた。

この姿勢は、エルサレムにおけるイスラム教およびキリスト教の聖域を管理・監督する役割をヨルダンに与えた1994年のヨルダン・イスラエル平和条約の否認と見なされた。

「我々はいかなる外国の干渉も拒否する」とベネット首相は宣言し、アル・アクサモスクの敷地管理と、ユダヤ人入植者による中庭への侵入防止に関するイスラエル・ヨルダン間の合意を撤回した。

ベネット首相は8日に行われた閣議の冒頭で、「アル・アクサモスクとエルサレムに関する決定は、イスラエル政府が下す」と述べた。

同首相はまた、イスラエルがエルサレムにいるあらゆる宗教の人々に対して敬意を払った扱いを維持し続けると主張した。

ヨルダン議会のパレスチナ委員会は8日、アル・アクサへのイスラエルの主権に関する首相の声明を「無責任である」と非難し、ベネット首相に向けて「イスラム教徒20億人の忍耐力を試さないように」と呼びかけた。

同委員会は、ベネット首相の声明をアル・アクサモスクとエルサレムの歴史的現実に対するクーデターと呼び、この地区の宗教紛争に火をつけようとしているとして非難した。

ヨルダンの国会議員ムハンマド・アル・ザフラウィー氏は、イスラエルを、パレスチナ人に対するテロと犯罪を実行し、エルサレムにおける宗教的、歴史的、法的正当性を欠く植民地占領権力と呼んだ。

パレスチナ委員会は、ヨルダンがアル・アクサの時間的・空間的分割を拒否することを改めて表明し、エルサレムはパレスチナの首都であり続けると強調した。

ヨルダンとイスラエルの当局者は、ラマダン後にアル・アクサモスクに関する取り決めについて話し合う会合に合意していたが、エルサレムのイスラム・ワクフはアラブニュースに「そのような会合に関する計画は実施されていない」と語った。

イスラム・ワクフの代表アッザム・アル・カティブ氏はアラブニュースに対し、会合や訪問については何も知らされていないと語った。

外国人観光客によるアル・アクサの訪問はヨルダン・イスラエル間で合意に至っているが、宗教的儀式は許可されておらず、多くのユダヤ人入植者が何度も試みてきた。

イスラエル・ヨルダン平和条約の一環として、ヨルダンはこのモスク複合施設群における独自の役割を維持し、両国は宗教的および歴史的観光地へのアクセスを提供することに合意していた。両国はまた、この3つの一神教の関係を強化し、宗教的理解、道徳的コミットメント、崇拝の自由、寛容、平和をもたらすために協力することに合意していた。

一方、パレスチナ人はイスラエル当局に対し、ムグラビ門の入り口にある寺院の模型を撤去するよう要求している。それが「岩のドーム」を元に戻すというユダヤ人の目的を思い出させる役割となって、過激派ユダヤ人入植者らが敷地内に侵入するという理由からである。

「ベネット首相は間違っています、イスラエルとヨルダンの間には合意があり、それがヨルダンにアル・アクサにおける独自の役割を与えているのです」と著名なイスラエルの平和活動家ガーション・バスキン氏はアラブニュースに語った。

ヨルダン人ワクフ評議会は強化され、拡大され、権限を与えられるべきであり、ワクフ評議会とイスラエル警察との間の適切な調整により、警察が敷地内に入る必要がない状況を実現するべきである、と同氏は付け加えた。

バスキン氏は、非イスラム教徒による挑発的でない訪問は許可されるべきであり、奨励さえされるべきであると述べ、ワクフ評議会のメンバーはこれらの訪問を促進し、イスラム教と聖地について話すために役立てるべきであると付け加えた。

5月7日にアラブリスト連合の党首マンスール・アッバス氏は、同氏が率いる党の立場はエルサレムの聖地に関するイスラエル・ヨルダン間の合意によって決定されたと述べ、ベネット首相の声明はその発言に応じるものとして発表された。

アラブリスト連合は8日、来週18日に実施されるリクード党が提案したクネセト(国会)解散のための議案採決に、同党員は参加しないと発表した。 

イスラエルのメディアによると、イスラエルの右翼政党は、ジョイントリストがクネセト解散に反対票を投じて議案を取り下げることを決定し、6ヶ月間そのような議案を再提示できなくすることを懸念している。

特に人気
オススメ

return to top