Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 連合軍「Al-Raqu国境地帯の移民の死はフーシ派の攻撃による」

連合軍「Al-Raqu国境地帯の移民の死はフーシ派の攻撃による」

2021年3月、武装組織フーシ派がサヌアの収容施設に放火し、大勢のエチオピア人が死亡した。(オロミア人権機構 写真)
2021年3月、武装組織フーシ派がサヌアの収容施設に放火し、大勢のエチオピア人が死亡した。(オロミア人権機構 写真)
Short Url:
13 May 2022 02:05:02 GMT9
13 May 2022 02:05:02 GMT9

アラブニュース

リヤド:イエメンにおける正統性回復のための連合軍は金曜日、Al-Raquの国境地帯でサウジ軍が民間人を殺害したとするフーシ派の主張を「真実ではない」と述べた。

連合軍は声明で、犠牲になったのは「フーシ派が引き起こした武力衝突や強制移住で死亡した」移民であると述べた。

国営メディアが報道した声明は「フーシ派は、紛争地で移民の民家を焼いた後、残忍な作戦を行った」とした。

また、移民の殺害は「フーシ派は、サヌアでアフリカ系移民を焼死された事件を繰り返している」と指摘。

連合軍は国連に対し、「移民に対するフーシ派の残忍な違法行為を明らかにする」よう求めた。

topics
特に人気
オススメ

return to top