Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 安全保障の懸念があるなかイスラエル外相がトルコを訪問

安全保障の懸念があるなかイスラエル外相がトルコを訪問

イスラエルのヤエール・ラピード外相が今週トルコを訪問する。(資料写真/AFP)
イスラエルのヤエール・ラピード外相が今週トルコを訪問する。(資料写真/AFP)
Short Url:
20 Jun 2022 02:06:42 GMT9
20 Jun 2022 02:06:42 GMT9
  • イスラエルはイランによる殺害・誘拐の危険性を挙げ、トルコへの渡航自粛を国民に呼びかけ
  • イランは革命防衛隊の将校がテヘランで殺害されたのはイスラエルの仕業だとして、報復を表明

エルサレム:イスラエル外務省は19日、ヤエール・ラピード外相が今週トルコを訪問する予定だと発表した。両国の関係はここ数か月間良好だが、イスラエル側は最近、NATO加盟国のトルコで自国民がイランの工作員に襲われる可能性を懸念している。

発表によると、外相は23日の訪問を予定しており、トルコのメブリュット・チャブシュオール外相と面会する。チャブシュオール氏は先月、経済協力拡大を促すためにイスラエルを訪問した。
イスラエルはイランによる暗殺や誘拐の可能性があるとして、トルコへの渡航を見合わせるよう国民に呼びかけている。5月22日にイラン革命防衛隊の将校がテヘランで殺害される事件があり、イランはイスラエルの仕業だとして報復を誓っている。

イランはイスラエルの渡航自粛勧告(今のところ対象はイスタンブールのみ)について特段の反応を見せていない。トルコ外相は6月13日に声明を発した際、特定の国名は挙げずに勧告について言及し、「(トルコは)テロとの戦いのための協力体制」が整った安全な国だと述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top