Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イードを前に、物価高騰の影響を計算するヨルダン川西岸地区のパレスチナ人家庭

イードを前に、物価高騰の影響を計算するヨルダン川西岸地区のパレスチナ人家庭

例年、イード・アル・アドハーを控えた数日間にラマッラーの店は今年よりはるかに人が多くてにぎやかだった。(写真:モハメド・ナジブ)
例年、イード・アル・アドハーを控えた数日間にラマッラーの店は今年よりはるかに人が多くてにぎやかだった。(写真:モハメド・ナジブ)
Short Url:
07 Jul 2022 06:07:07 GMT9
07 Jul 2022 06:07:07 GMT9
  • 公務員の給料が減り、物価が急騰する中、今年は店が閑散としており、購入量は大幅に減少している

モハメド・ナジブ

ラマッラー:8人の子を持って働くラマッラー在住のムスタファ・アル・ハディディさん(48)は、今年はイード・アル・アドハーのお祝いにまともに参加したり、季節の伝統儀式をやり遂げたりすることができないのではないかと不安を感じている。

彼の不安はもっともだろう。この数週間でパレスチナ自治区の物価は急騰し、今ではアラブ世界で最も物価の高い場所だと考えられている。例えば、生贄の羊の価格はヨルダン川西岸地区では500ドルに達している。アル・ハディディさんは、価格高騰は家族間の口論の原因にもなっており、時にはそれが家庭崩壊につながっていると述べた。

「物価高が原因の家庭の問題によって離婚したケースは複数あり、家長が家族に必要な物をまかなえず、それが家庭内の問題を悪化させたあげくに、離婚に至るのです」と彼はアラブニュースに語った。

アル・ハディディさんは、イード・アル・アドハー用の商品の価格が上がっているため、それらを購入するため、家庭では去年より少なくとも300ドル多く用意しなければならないという。

彼は、パレスチナの指導者たちは商人たちの貪欲を抑制して、価格をコントロールするために十分な対応をとっていないと非難し、「ラマッラーは世界で最も物価の高い街となっています」と述べた。

「パレスチナの政府は物価上昇に関してイスラエルに従属しています。もし私が若い世代なら、国を出て他国に移住したでしょう」

アル・ハディディさんによると、食料を輸入する組織の多くがパレスチナ自治政府の高官と密接な関係にあるため、自治政府は物価上昇に無関心なようだ。

公務員の給料が一部しか支払われないという先月のパレスチナ自治政府からの発表の後、アル・ハディディさんは既に乏しい給料の70%や80%だけで、どうやって生活していけるだろうと考えた。

ラマッラーでは例年、イード・アル・アドハー前の数日間は今年よりはるかに人が多くてにぎやかだったと、彼は指摘する。

ラマッラーの中心部にあるアル・マナラ環状交差点の付近で最も古いと自称する食料品店の店主ハシェム・イブラヒムさん(58)はアラブニュースに対し、イードの購入量は昨年より60%ほど減っていると述べた。

「市民の購買需要が乏しく、必需品にしか需要がありません」と彼は言い、物価上昇とパレスチナ自治政府による6月の公務員に対する給料支払い遅延が、売買の減少につながったと述べた。

ラマッラーにあるアル・アミン精肉店の店主ジハド・アブ・イードさんはアラブニュースに対し、今年のイード・アル・アドハー用の肉と生贄の需要は非常に乏しいと述べた。また、客を引きつけようとして、値上げをしないよう努めているとも述べた。

牛1頭の価格が430ドルも上がっている中、肉のコスト増加の大部分を店で吸収していると、彼は説明した。

経済学者のナセル・アブデル・カリム氏は次のように述べた。「パレスチナの経済危機は複雑な状況で、ウクライナとの共同貿易経路を通じて間接的に影響を及ぼすウクライナとロシアの戦争や、パレスチナ政府が従うイスラエルの占領政策の明確で甚大な影響など、直接的、間接的に影響を及ぼすさまざまな事情が関わっています」

消費者保護協会の広報担当モハマド・シャヒーン氏は、小売危機を緩和するために提案される方策は、政府だけでなく、消費者にも向けられるもので、消費者は小売における習慣を自らの収入と購買力に合致するよう調整する新たな買い物様式に適応しなければならないという。

パレスチナの国家経済省で消費者保護の責任者を務めるイブラヒム・アル・カディ氏は、輸入品の代わりとなる国産品の調達や、パレスチナの市場に素早く容易に供給できる近隣国の支援を通して、物価上昇を抑える努力が行われていると述べた。

パレスチナ自治政府のイブラヒム・メルヘム報道官はアラブニュースに対して次のように述べた。「政府は燃料、電気、食料といった必需品について支援するため、4,300万ドルを投じており、業者の管理を強化し、価格を上げないよう業者に要請して、世界的な食糧危機によるパレスチナの市場への影響を緩和しようとしている」

特に人気
オススメ

return to top