Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブ連盟がイスラエルへのボイコット強化を呼びかける

アラブ連盟がイスラエルへのボイコット強化を呼びかける

アラブ連盟の高官は、イスラエルによるパレスチナ占領に立ち向かう効果的な手段として、アラブ諸国がイスラエルへのボイコットを強化するよう呼びかけた。(AFP)
アラブ連盟の高官は、イスラエルによるパレスチナ占領に立ち向かう効果的な手段として、アラブ諸国がイスラエルへのボイコットを強化するよう呼びかけた。(AFP)
Short Url:
01 Aug 2022 11:08:06 GMT9
01 Aug 2022 11:08:06 GMT9
  • イスラエルは「パレスチナの人々に対する組織的な侵略作戦」を続けている
  • 現在進行中のこれらの犯罪は、国際社会の介入を必要とする

ゴブラン・モハメド

カイロ:アラブ連盟の事務次長補は、イスラエルによるパレスチナ占領に立ち向かう効果的な手段として、アラブ諸国がイスラエルへのボイコットを強化するよう呼びかけた。

サイード・アブ・アリ事務次長補は、カイロの同連盟事務局で開かれたアラブ代表との会合で次のように発言した。

「この会議は、イスラエルの占領軍がパレスチナの人々やその聖域、財産に対する組織的な侵略作戦をいまだに続けているときに開かれている」

「現在進行中のこれらの犯罪において、国際社会、特に(国連の)安全保障理事会と地域・国際機関がその責任を引き受け、二重基準の政策を止めるために介入する必要がある」と彼は付け加えた。

「パレスチナの人々に対する侵略行為を止めるよう求めるものや、イスラエルの占領を終わらせるよう求める、何百もの関連した国際決議が出されているが、実行されていない」と、アブ・アリ事務次長補は述べた。彼は、イスラエルにこれらの国際決議を遵守させるために、主に経済的な圧力をかけるよう呼びかけた。

同会議のパレスチナ代表団代表であるムハナド・アル・アクローク氏は、国や、議会、市民社会に対し、南アフリカのアパルトヘイトに反対するのと同じようにボイコットに参加するよう促した。

アブ・アリ事務次長補は、ノルウェー政府がアラブ占領地にあるイスラエル入植地の製品にラベルを貼ることを決定したことを称賛した。

特に人気
オススメ

return to top