Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • マイクロンが日本で先進的チップの大量生産を開始

マイクロンが日本で先進的チップの大量生産を開始

従来のチップよりも3倍多くのデータを保存できるマイクロンの最も先進的なチップの生産は、かつて栄華を極めたチップ産業を復活させ近代化しようとする日本の努力に由来する。(マイクロン)
従来のチップよりも3倍多くのデータを保存できるマイクロンの最も先進的なチップの生産は、かつて栄華を極めたチップ産業を復活させ近代化しようとする日本の努力に由来する。(マイクロン)
Short Url:
17 Nov 2022 03:11:21 GMT9
17 Nov 2022 03:11:21 GMT9

メモリチップ製造会社のマイクロン・テクノロジは水曜日、日本の広島の工場でその新たな大容量低電力1βダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)チップの大量生産を開始した。

駐日米国大使ラーム・エマニュエル氏および日本の政府関係者らはその大規模生産の開始を祝う広島での式典に出席し、両同盟国にとっての半導体の高まりつつある政治的重要性を強調した。

従来のチップよりも3倍多くのデータを保存できるマイクロンの最も先進的なチップの生産は、かつて栄華を極めたチップ産業を復活させ近代化しようとする日本の努力に由来する。

エマニュエル氏は、水曜日の生産開始は両国がいかに「半導体サプライチェーンの強化に専心しているか」そして共に国家安全保障に専心しているかを示す例であると、ツイッター上で語った。

彼は元シカゴ市長としてサプライチェーンを保護し中国依存を削減するために両国間の商業的結びつきを強化することに重点的に取り組んできた。

東京都は、米中間の増大する貿易摩擦によって自動車メーカー等の製造業者が必要とする半導体の不足が生じる可能性を危惧している。

日本政府は9月、マイクロンの工場における生産能力を向上させるためにマイクロンに465億円(3億3,200万ドル)の支援を行った。

日本政府は6月に競合メモリチップ製造会社のキオクシア株式会社およびウエスタンデジタル コーポレーションに930億円の助成金を提供し、その日本の共同工場における生産拡大を支援した。

DRAMチップはデータセンター、パソコンおよびその他のデバイスにおいて広く用いられている。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top