Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエルの世論調査を前にアラブリスト連合が分裂し、ネタニヤフ前首相への期待が高まる

イスラエルの世論調査を前にアラブリスト連合が分裂し、ネタニヤフ前首相への期待が高まる

2022年6月22日、イスラエルの国会、エルサレムのクネセトでリクード党員に囲まれるイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ前首相。(ロイター)
2022年6月22日、イスラエルの国会、エルサレムのクネセトでリクード党員に囲まれるイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ前首相。(ロイター)
Short Url:
17 Sep 2022 10:09:16 GMT9
17 Sep 2022 10:09:16 GMT9
  • アラブ民族主義バラド党、11月の投票ではリスト連合において別枠で出馬へ

ダウド・クッターブ

アンマン:11月のイスラエル選挙を前に、アラブ系政党の連合が分裂した。この動きは、少数派の政治的影響力を弱め、ベンヤミン・ネタニヤフ前首相の政権復帰の望みを強めることになりかねない。

アラブ民族主義のバラド党は、総選挙ではリスト連合の他の2党とは別に出馬する。

11月1日の世論調査は、ネタニヤフ首相と様々な政治勢力の間で激戦が予想される。

しかし、バラド党が土壇場で「アラブリスト連合」から分裂することを決めたことで、ネタニヤフ前首相の術中にはまる可能性がある。

バラド党(通称タジャム、サミ・アブ・シェハデ代表)は、11月1日の選挙に向け、別のリストを提出した。

クネセトのメンバーでありバラド党のリストの代表であるアブ・シェハデ氏は、クネセトに入るために必要な選挙人数を突破できると確信しているとアラブニュースに語った。

しかし、ナザレ在住の弁護士で、イスラエルにおけるアラブの政治地図に詳しいボトルス・マンスール氏は、そう確信しているわけではない。

「バラド党が基準値を超える可能性はわずかです。推定値によれば、3.25%のしきい値は約14万票必要です」と同氏は述べた。

世論調査や一般的な予測では、バラド党が獲得できるのはその半分以下とされている。

バラド党支持者は直前の撤退について説明し、ハダシュ(平和と平等のための民主戦線)およびその党首アイマン・オデ氏と、イデオロギー問題と議席配分の両面で合意に達したとしながら、同党が合意を破り6議席目のローテーションを推し進めたと非難している。

インターナショナルセンター・フォー・コンサルテーションズの所長であるワディ・アブ・ナーセル氏は、アラブニュースに対し、バラド党がクネセトにメンバーを送り込める可能性はわずかであると述べた。

「バラド党は選挙当日まで2カ月を切るという非常に遅い段階で、選挙前のレースに単独で参入しているのです。第二の理由は、アラブ系住民の間で優勢な言説が内向きに変化しているためです」

ハイファ在住のアナリストがアラブニュースに語ったところによると、過去数十年間はパレスチナや汎アラブ主義の言説がイスラエルのパレスチナ市民の最大の関心事だったが、現在彼らは別のことを優先しているという。

「言論が国内問題に集中し、パレスチナ関連問題が少なくなっており、このことは、彼ら(バラド党)が必要な投票数を集めることができないであろうことを意味しています」

既に40%台と予想されている低投票率に、この分裂がどのように影響するかは、観測筋にも不明である。

「新たな分裂は、現政権がイスラエルのアラブ人に対して変化をもたらさないために、無力感という全体的な雰囲気とあいまって、不満と絶望を増大させるだろう。したがって、そして劇的な変化がない限り、投票率は低下する可能性が高い」とマンスール氏は述べた。

しかし、アブ・ナーセル氏は、バラド党の分裂が投票率に違う影響を与えるかもしれないと考えている。

「一方では、競争が厳しくなり、各派閥がより多くの時間を投資することになります。一方で、怒る人も増えるでしょうから、分裂が投票率に与える影響は限定的だと思います」

バラド党が基準値を超えられなかった場合、約7万票のアラブ票が無駄になる可能性があり、ネタニヤフ前首相の連合に有利に働くかもしれない。

アブ・ナーセル氏は、ネタニヤフ氏のチャンスは「大幅に改善された」と述べた。

しかし同氏は、ネタニヤフ前首相と極右勢力対ヤイル・ラピド臨時首相とベニー・ガンツ国防相の連合の間で起こりうるシナリオに言及し、「右翼の状況は明確ではないので、ゲームはまだ終わっていません」とも付け加えた。

マンスール氏は、ネタニヤフ政権がクネセトの120議席のうち必要な61議席を集められない場合、バラド党の不在によって、アイマン・オデ氏とタアール党の党首であるアフマド・ティビ氏がラピド/ガンツ同盟を支持しやすくなると考えている。

「バラド党がリスト連合に含まれていなければ、特にイスラム教主義指導者マンスール・アッバス氏がすでにこのラインを越えているため、今なら連立政権に加わる可能性は容易になるでしょう」と同氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top