Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ヒジャブ違反による逮捕の後に女性が死亡し、イランで怒りの声が高まる

ヒジャブ違反による逮捕の後に女性が死亡し、イランで怒りの声が高まる

厳格なヒジャブ規則を施行するイランの道徳警察による勾留中にマフサ・アミニ氏が死亡した事件は、新聞やソーシャルメディアで広く報道された。(AFP)
厳格なヒジャブ規則を施行するイランの道徳警察による勾留中にマフサ・アミニ氏が死亡した事件は、新聞やソーシャルメディアで広く報道された。(AFP)
Short Url:
19 Sep 2022 12:09:06 GMT9
19 Sep 2022 12:09:06 GMT9
  • マフサ・アミニ氏の悲劇的な最期により、反体制運動が活発化した

テヘラン:9月18日日曜も抗議活動は続き、厳格なヒジャブ規則を施行している道徳警察の勾留所における若い女性の死亡についてイラン人が憤慨する中、ペルシャ語のツイッターでは #MahsaAmini が過去最大級のハッシュタグとなった。

22歳のアミニ氏は、先週初めにテヘランで逮捕された後、昏睡状態に陥り、16日金曜日に死亡した。これにより、イランでの女性の権利に注目が集まっている。

アミニ氏の死は、服装規則違反の嫌疑がある女性に対する処分の抑制を求める声を再燃させた。

クルディスタンでの彼女の葬儀が開かれた翌18日日曜日、イランのほぼ全ての新聞が一面を彼女の記事で埋め尽くした。

超保守的な新聞であるジャヴァーンは、一面で「国民は、マフサの悲劇的な死に対して悲しんでいる」と伝えた。

北西部のクルディスタン州出身のアミニ氏は、拘束された13日火曜日、家族とテヘランを訪れていた最中だった。

オンラインの動画によれば、18日日曜日、数百人の抗議者がテヘラン大学周辺に集まり、「女性、生命、自由」と叫んだ。

ツイッターでは、現在、ハッシュタグ「#MahsaAmini」が163万ツイートに達している。

17日土曜日には、彼女の故郷サケズでの葬儀を含めて、クルディスタンでも抗議行動があった。

サケズでのデモは警察により鎮圧され、少なくとも1人の男性が頭に傷を負っている映像がネットに投稿された。

サケズでは一部住民が知事室に石を投げつけ、当局に反対する旨のスローガンを唱えた。

サケズのベーザド・ラヒミ議員は、葬儀で数人が負傷したと述べた。

彼は「そのうち1人は玉軸受で腸をやられ、サケズ病院に入院している」と語った。

クルド人権利団体ヘンゴー(Hengaw)は、サケズで33人が負傷したと述べた。

イランがこの女性の死で動揺する中、金融紙「アジア」は日曜版一面で「親愛なるマフサ、あなたの名前は象徴となるだろう」と宣言した。

女性に対してイランの服装規則を実施する責務を担うこの警察部隊は、ここ数カ月、その過剰な権力行使をめぐって批判が高まっていた。

改革派の出版社エテマド(Etemad)は、「マフサ・アミニの事件に国民はショックを受け、憤慨している」と述べ、イランでは「道徳警察による暴力事件に何度も」悩まされてきたと指摘した。

日刊紙ジャムーリエ・エスラミ(Jomhouri-e Eslami)は、警察官の「暴力行為」によって「社会の分断」が引き起こされると警告した。 イブラヒム・ライシ大統領は、アミニ氏の家族に「あなたの娘は私の娘と同じであり、この事件は自分の親戚に起こったことのように感じています」と電話で語り、この事件を追跡調査すると約束した。

しかし、保守メディアの中には、批判の嵐に反発しようとするものもあった。

政府の日刊紙イランは、改革派を「政府と大統領に対して国民を扇動するために、不幸な事件を利用して国民感情を利用している」と非難した。

超保守的な新聞であるカイハンは、「マフサの死をきっかけとして、噂や虚偽がかなり流布されている」と主張した。

「それでも、警察がこの事件の画像を公開したため、日和見主義者がこの事件を悪用することはなくなった」と同誌は主張した。

ロイター/AFP

特に人気
オススメ

return to top